2018年10月12日

響−HIBIKI−

10月6日(土)、イオンシネマで2本映画を観ました。最初に観たのは『響−HIBIKI−』です。

公式サイト
http://www.hibiki-the-movie.jp/index.html


映画『響-HIBIKI-』を914倍楽しむためのメイキング、平手友梨奈の魅力満載
https://www.youtube.com/watch?v=v1862jGwyZM

いやいや、なんとこの主役の少女の魅力的なこと!!! この人、有名らしいんですけど、全く知りませんでした。平手友梨奈さんっていうんですか……。髪の毛で顔が隠れていて、ほとんど顔がわからなかったんです。もし本人がテレビに出ていてもわからないかもしれません。それでも惚れました。「響」という人物像に惚れたのかもしれません。

なんでこんなに好きなんだろう……やっぱり、自分のやりたいことにまっしぐらに突き進んでいくパワーに圧倒されたからかなぁ。妥協とか、その場を丸く収めるとか、忖度するとか……そういうこととは全く無縁。関わる人がみんなファンになってしまうのも無理はありません。

ただ、突然ひとをキックしたりするって、常識から外れすぎています。可愛ければいいじゃない……っていう問題ではないような気もします(常識人として)。記者会見で因縁のある雑誌記者が、暴力を振るう作家の作品は認められないというようなことを言ったと思いますが、それはたしかにそうだとぼくも感じるんです。昔、井上ひさしの作品は好きでしたが、奥さんに対して暴力を振るっていたという話を聞いて以来、彼の作品を読んだり、彼の作品の舞台を観たりするのはできなくなりました。

あと、もう一つ。知人の意見ですが、映画の中の登場人物がせりふで「すごい才能だ」とか「天才だ!」とか言うだけで、その作品や作家がすごい、ということを表現するのはあまりにも安易だ、せめて、作品の一部だけでも画面で見せるか、朗読などで聞かせるかして、確かにすごい作品だと納得させなければ、ずるい、と言うのです。一理あると思います。でもそんな天才の作品があるなら映画なんか作っているよりそっちを出版した方がいいわけで、現実的には難しいかも。ただ、最近読んだ小説で『名もなき王国』(倉数茂)というのがあるんですが、ある寡作な作家(架空の人物)のことを描いた作品で、その作家の作品と称する小説もいくつか読めるようになっているという、なかなか凝った作りの小説です。それぐらいのことをやって欲しかったかな。

まあ、ともかく面白い映画でした。オススメです。
posted by dunno at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2018年10月07日

『いまこそ、自分の時間を生きる』岡村淳監督トーク&作品上映会

10月3日(水)、奉還町のラウンジ・カドというお店で岡村淳さんのトークと作品上映のイベントが開かれました。お世話をして下さったのは赤木さんという方でした。

『いまこそ、自分の時間を生きる』記録映像作家 岡村淳監督 トーク&上映会
https://www.facebook.com/events/332489774159306/
ブラジル日本移民110周年の今年。
日本から遠く離れたブラジルへと渡り、自らの手で苦難の人生の道程を切り拓いてきた日本人移民の方々。
その決して忘れられない歩みに寄り添い、温かなまなざしを向けるサンパウロ在住の記録映像作家、岡村淳監督の作品を上映します。


サンパウロ在住の記録映像作家・岡村淳さんについては過去に以下のような記事を書いています。

2012.11.22
橋本梧郎と水底の滝 第一部・南回帰行
http://flim-flam.sblo.jp/article/60219173.html

2013.6.19
忘れられない日本人移民
http://flim-flam.sblo.jp/article/69266531.html

岡村さんの映画の上映会は、必ずご本人立ち会いの下で行われるんです。そしてトークでは、記録映画の「その後」のお話も聴けるんです。今回はなんと2本も映画の上映があると言うことだったのですが、平日の午後3時からではとても参加できません。残念ですが、7時からの2本目のほうだけに参加しました。

プログラムは以下の通りでした。

第一部 15:15〜18:30
『ブラジルの土に生きて』(150分)
※岡村さんの本『忘れられない日本人移民 ブラジルへ渡った記録映像作家の旅』の一番最後の章で取りあげられているご夫妻のことを撮られた作品です。観たかったです。

第二部 19:00〜21:00
『移住四十一年目のビデオレター グアタパラ編』(73分)

こちらは、1962年(ぼくがまだ小学生3年生の頃ですね)に南米に向かった移民船あるぜんちな丸でブラジルのグアタパラという土地へ移住された小島忠雄さん(当時20歳)と見尾智子さん(14歳)〜のちに結ばれて6人の子どもをもうけます〜やその家族の方々の話が中心です。撮影当時は6人のこどもたちのうちたしか4人は日本に滞在中で、そのうちのひとりの娘さんは日本で結婚されました。一緒に暮らしているのはお一人だけ。ただし、智子さんのご両親がすぐそばに住んでおられます。

グアタパラへの移住に関しては、今のJICAにあたるような組織が世話をしたのですが、農業用水をひいてくる工事が、低い土地から高い土地に水を流そうとするのでいくら溝を掘っても、肝心な水は流れてこないという最低な状況。十数家族が入植したのですが、今(というのは撮影された2003年当時のことです)も残っているのはこの小島さんたちだけ。ただしこの町自体には多くの日本人が移住しています。

この映画の中では健康食品としてブームだったアガリクスの栽培が盛んに行われていました。小島さんも、日本にいる孫たちが何人もブラジルに来てもいくらでも受け入れられるというようなことを言っておられました。ただ、岡村さんのはなしによると2018年現在ではもう廃れており、状況はなかなか厳しいものがあるとのことでした。

映画のタイトルは、小島さん夫婦、見尾さん夫婦から日本にいる家族に向けてのメッセージビデオを岡村監督が奈良にいる娘さん家族に届け、さらに娘さんからのメッセージビデオをブラジルへ届けたことを意味しています。今ならネットで瞬時に繋がれますけどね。

智子さんのお父様は戦争で米軍の捕虜になり、最終的にはニュージーランドで3年間ほどすごして、日本に復員されたそうです。そのときに、ニュージーランドがとても良いところだったので、行くとしたらニュージーランドがよいと思っておられたのですが、結局ブラジルに来ることになってしまったそうです。そもそも移民しようと言い出したのはお母様の方だったのだそうです。智子さんのお母様は体が弱っておられてあまり外出はされず、日中でも横になっておられたのですが、移民をした動機などに関する岡村監督のインタビューに立って答えておられましたが、子どもたちには可哀想なことをしたと言って泣いておられました(観ているぼくも少し泣いてしまいました、この映画の中で一番揺さぶられたところでした)。智子さんご自身も、中学を中退して移民することになって、毎日泣いて暮らしたそうです。どんな事情で移民することになったのかは映画では語られませんでした。辛い思いをして、日本に戻ってしまった人たち、他の場所に移ってしまった人たちが多いのに、なぜ頑張ってこの場所に住み続けられたのか(小島さんご自身も日本に出稼ぎに行かれたそうです)……非常に興味があったのですが、監督はそのあたりは節度をもって映画を作っておられました。

智子さんご自身はとても朗らかで素敵な方でした。

いい映画でした。お近くで上映会があるようでしたら、ぜひ参加してみて下さい。

※この映画の見尾さんとはきっと全く何の関係もないのですが、僕より少し若いアメリカ人で Washington Mio という数学者がいます。Cappellのお弟子さんです。見た目は完全な日本人。Mio の漢字は不明です。三尾かもしれません。
https://www.genealogy.math.ndsu.nodak.edu/id.php?id=33812
映画で「ミオさん」という名前が出るたびに彼の顔が浮かんでしまいました。

ネットで調べてみると、「見尾」さんは日本には320人ぐらいおられるそうです。しかもそのルーツは岡山県。智子さんも岡山県出身です。

https://myoji-yurai.net/
現岡山県北東部である美作国真島郡見尾村が起源(ルーツ)である。津山藩にみられる。近年、岡山県に多数みられる。「尾」は接頭語か、小さい開発地の意味。


一方、三尾さんは4200人もおられるそうです。ずいぶん多いですね。

ついでですが、ぼくの母の旧姓「生石」は全国で100人。広島と鳥取県に多いそうです。でも読み方は「おいし」が多いいそうです。多分、鳥取県では「いくいし」「いきいし」が多いのではないでしょうか。
posted by dunno at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

状況劇場の舞台/YouTube

状況劇場の公演の録音・録画等がYouTubeにいくつかあるのでまとめておくことにします。

●二都物語(1972年春)
【超貴重映像】状況劇場「二都物語」予告(1972年)
https://youtu.be/ybehaQwo9Jw

●鐵假面(1972年秋)

●唐十郎 四角いジャングルで唄う(1973年2月)
20171009 唐十郎 四角いジャングルで唄う その1
https://youtu.be/QF3LCoh77gQ
20171009唐十郎 四角いジャングルで唄う 後楽園ホール その2
https://youtu.be/zV-AHIxXttE

●ベンガルの虎(1973年春)

●海の牙 黒髪海峡篇(1973年秋)

●唐版 風の又三郎(1974年春)
唐版『風の又三郎』
https://youtu.be/u8knhnx7Kb8

●夜叉奇想(1974年秋)

●腰巻おぼろ(1975年春)

●糸姫(1975年秋)
状況劇場『糸姫』初演。抜粋。
https://youtu.be/DeqN1niipUg
※京都公演の最終日の録音。田口いくこさんが退団のため、本間光琳が代役している。

●下町ホフマン(1976年春)
1976年状況劇場公演下町ホフマン 音声のみ その1
https://youtu.be/AnenVTDBsbI
状況劇場公演下町ホフマン その2 音声のみ
https://youtu.be/Hl-golIe1JY
1976年状況劇場公演下町ホフマン完結編
https://youtu.be/nzvw4lMIY7I

●おちょこの傘持つメリー・ポピンズ(1976年秋)
1976年状況劇場公演 おちょこの傘持つメリー・ポピンズ 音声のみ
https://youtu.be/1dbr02CNa5s

●蛇姫様 我が心の奈蛇(1977年春)

●唐版 俳優修業(1977年秋)
状況劇場『唐版・俳優修業』初演 於:下北沢
https://youtu.be/8gJTty5iPOE

●ユニコン物語 台東区篇(1978年春)

●河童(1978年秋)
状況劇場 1978年公演 河童
https://youtu.be/4BGGQv8gOmM

●唐版 犬狼都市(1979年春)
『唐版・犬狼都市』
https://youtu.be/8DCXqfbLvzI
状況劇場公演唐版犬狼都市 音声のみ
https://youtu.be/96CLmn2ttuQ

●青頭巾(1979年秋)

●女シラノ(1980年春)

●鉛の心臓(1980年秋)
状況劇場公演 鉛の心臓 音声のみ
https://youtu.be/RaS13Hn3gkQ

●お化け煙突物語(1981年春)

●黄金バット 幻想教師出現(1981年秋)

●新・二都物語(1982年春)
状況劇場 新二都物語1982年公演
https://youtu.be/6rdwGKf3Rwg

●ジャガーの眼
唐十郎 劇団状況劇場公演 ジャガーの眼
https://youtu.be/yDDn9-OkPrk
posted by dunno at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇

2018年10月06日

10月の禁酒會舘マンスリーライブ

昨夜、禁酒會舘マンスリーライブに行ってきました。台風25号が中国地方に近づいていて、風がけっこう強くなっていました。7月の豪雨のときのことを思い出してしまいました。幸い、雨はこの晩は降りませんでした。

今回もまず最初にOZAKI UNITがさらっとイントロ部分で歌われましたが、特筆すべきは恒例の『小さな館』を渡部さんが歌われたことでしょう。いつもは尾崎さんが歌われる曲です。

そして、休憩を挟まず、第一部の『「雑花塾」は何故「新しい歌」を創り続けるのだろう? その1.武部 仁さんの場合』に突入しました。中央の椅子に武部さんが座られて、左の椅子に座られた尾崎さんがインタビューというか、尋問というか(笑)、かなり突っ込んだお話になりました。歌の方は、最初こそちょっと緊張気味でしたが、すぐに安定した演奏を聴かせてくださいました。武部さんのギターは本当にいいですね。

第二部は、渡邉智子さん(しばちゃん)のソロライブでした(最後に、OZAKI UNIT の黒瀬さんがお手伝いされました)。ちょっと懐かしい曲、それから岡山の全然知らなかった曲を聴かせてくださいました。渡邉さんはかなり高い音も出せるんですが、最初はちょっとひやっとする感じでした。普通、高音の曲は調子が上がってから歌われるんだそうですが、今回は尾崎さんから色々リクエストがあったそうで、最初の歌も尾崎さんのリクエストだったそうです。尾崎さんは森山良子さんのファンなのでしょうか。ちょっとびっくり。最後の挨拶の時に尾崎さんが言っておられましたが、歌われた曲の中では『死んだ男の残したものは』が最高でした。こういう低い音の曲の方が合っている気がしました。というか、自分が年をとって、キラキラした歌より、暗めの曲の方が聴きやすくなってきたのかもしれません。またご自分の曲はとてもリラックスして歌われて、よかったです。オリジナルの曲をもっと聞かせて欲しかった気がします。最後の方は、歌声喫茶風に盛り上がりました。

しばさんの動画集
https://www.youtube.com/playlist?list=PLxLvr4KagkgDcKqCPTKIKmMQCuHLt2Hng

ところで、しばさんは耳がいいというのか、自然界の音に敏感というのかわからないけれど、ライブの途中で突然、「虫の鳴き声がとまりましたね」というような内容のことを言われました。一瞬、何のことかわからなかったんだけど、ずっと虫の鳴き声が聞こえていたんですね。そう言われてしばらくして、やっと僕の耳にも届いてきました。今日観た『日日是好日』という映画の中で、主人公が自然界の音に気づいていくシーンがあって、それを見て昨夜のことを思い出しました。
posted by dunno at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年10月03日

ルームロンダリング

9月にはもう一本、いい作品と出会いました。シネマクレール丸の内で9月30日(台風の夜!)に観た『ルームロンダリング』です。

公式サイト
http://roomlaundering.com/


自殺とか殺人のあったアパートを“ルームロンダリング”する御子(みこ)の物語。この主人公・御子がもう最高に魅力的。池田エライザさんという方が演じています。モデル出身だとか。ご本人も読書好きで雑誌に書評を書いたりしておられるそうですが、主人公の御子も本をよく読んでいます。購入したパンフによれば、以下の本が映っていたそうです:

『レクトロ物語』
『宮澤賢治全集5』
『寺田寅彦随筆集』
『ぽっぺん先生と帰らずの沼』
『愛と笑いの夜』
『優しき歌』
『蠅の王』
『家守奇譚』
『小川未明童話集』
『フラニーとゾーイー』

ともかく池田エライザに惚れました。いいなあ、この人。他の映画も、観たいです。

シネマジャーナル 映画作品紹介
http://cinemajournal-review.seesaa.net/article/460351878.html

ミッキーの毎日・映画三昧
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/article/460091707.html
posted by dunno at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

29歳問題

9月17日(月・祝)の晩、シネマクレール丸の内で『29歳問題』を観ました。

公式サイト
http://29saimondai.com/


楽しみにしていた映画ですが、すごくよかったです。パンフレットも買いましたし、水曜日にもう一度観に行きました。

主人公はバリバリのキャリアウーマン。最初はやたや苛立っていてあまり共感できるタイプではなかったのですが次第に変わっていくので好きになってしまいます、まあかなりの美人ですし(笑)。

公式サイトより
2005年、香港。30歳を目前に控えたクリスティ。勤め先の化粧品会社では働きぶりが評価されて昇進、長年付き合っている彼氏もいて、周囲も羨むほど充実した日々を送っている。
が、実のところ、仕事のプレッシャーはキツいし、彼氏とはすれ違いがち、実家の父親に認知症の症状が出始めたのも気がかりだ。そんなある日、住み慣れたアパートの部屋が家主によって売却され、退去を言い渡されてしまう。
とりあえず見つけた部屋は、住人がパリ旅行に行っている間だけの仮住まい。エッフェル塔をかたどった壁一面のポラロイド写真や、女の子らしい小物でいっぱいのその部屋で、クリスティはそこに住んでいるティンロという女性の日記を見つける。偶然にも誕生日が同じだと分かって、部屋の主に俄然興味を持ち始めたクリスティは、そこに書かれているティンロのささやかな日常に知らず知らずのうち惹かれていく…


クリスティとティンロは接近遭遇はしていたりするんですが、意識して相手を認識してはいません。そのあたりの描き方が面白いです。ですが、最後にファンタジーの世界で話をします。幸せな終わり方だったと思います。彼女たちのいろんな事情については映画で実際にご覧になってください。

書いておかなければいけないのは、ティンロがレスリー・チャンのファンだということ。2005年ですから、彼が亡くなって(2003年4月1日)からほぼ2年たっているときですね。ラストではレスリーの『由零開始』が流れます。二人がそれぞれ新しい生活に踏み出していくことを表しているのでしょう。
https://youtu.be/MCLeNhav4To

映画の作り方として面白かったのは、ティンロの部屋にいるクリスティが数週間前のティンロと一体化する場面です。ありえないことなんですけれどね。

そういうところがすごく演劇的だと思いますが、実はそれには訳があって、この映画はもともと、キーレン・パン監督が2003年に自分が書いて、自分が主演した舞台劇「29+1」がもとになっているんです。なんとその舞台では、クリスティとティンロの両方をキーレン・パンさんが演じているんです(映画では別の人が演じています)。ラストのシーンで、ティンロの部屋の壁が後ろに倒れてパリにつながってしまう場面は、唐十郎のテント芝居のラストを連想させます。

観客としてもクリスティから見ても、、ティンロは異様にハイテンションなので、不思議に思えまるのですが、それには実は理由があったことが上の二人が一体化するシーンでわかります。このシーンのように泣かせるシーンもあるし、最後には幸せな気持ちにもなれます。この作品は気に入りました。


●シネマ・ジャーナル誌の関連記事もどうぞ:

シネマジャーナルWeb版特別記事・『29+1』キーレン・パン監督インタビュー
http://www.cinemajournal.net/special/2017/aichi/index03.html

シネマジャーナル作品紹介
http://cinemajournal-review.seesaa.net/artic…/459356549.html

※ 映画『29歳問題』の原作舞台を収録した『29+1』が、11月4日に東京・新宿ピカデリーで上映されます。
詳細は以下からどうぞ。
https://www.cinra.net/news/20181004-29saimondai
https://www.facebook.com/29saimondai/
posted by dunno at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2018年10月01日

観たい・聴きたい…覚書(2018.10)

禁酒会館 2F
10/5(金) 18:30〜 岡山禁酒會舘マンスリーライブ LIVE=LIFE vol.210
1部:「雑花塾」は何故「新しい歌」を創り続けるのだろう?
    その1.武部 仁さんの場合
2部:「クロシバ」の「しばちゃん」こと渡邉智子さんをゲストにお迎えして
演奏:渡邉智子(しば)、OZAKI UNIT ほか
1,000円

島津亜矢さんテレビ・ラジオ出演予定
10/4(木) 16:30〜17:42 BSプレミアム「もっと四国音楽祭2018」(全国放送)←こんな時間じゃ観れない……
10/5(金) 19:30〜20:42 NHK総合「もっと四国音楽祭2018」(四国地方向け)
10/9(火) 19:30〜20:15 NHK総合「うたコン〜この歌詞がすごい!心に響く名曲集」
10/28(日) 12:15〜 NHK総合「NHKのど自慢」

ガレリアヴェンタリオ(神戸市中央区北長狭通3-9-2 マコマンション2F) 火曜日定休日
10/13〜10/21 岡田多恵個展

劇団花吹雪[ameblo #1][twitter]
10月 石川県・大江戸温泉物語ながやま

シネマ・クレール
(お出かけの際はシネマクレールのサイトで必ずご確認をお願いします)
9/15〜10/12 スターリンの葬送狂騒曲
9/22〜10/5 追想
9/22〜10/5 純平、考え直せ
9/22〜10/5 ルームロンダリング
9/29〜10/12 寝ても覚めても
9/29〜10/12 最後のランナー
9/29〜10/5 マガディーラ 勇者転生
10/6〜10/19 判決、ふたつの希望
10/6〜10/26 クリミナル・タウン
10/6〜10/12 7号室
10/13〜11/2 1987、ある闘いの真実
10/13〜11/9 ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男
10/13〜10/19 ラ・チャナ
10/20〜11/2 止められるか、俺たちを
10/20〜11/2 運命は踊る
10/27〜11/9 500ページの夢の束
10/27〜11/9 きみの鳥はうたえる
10/27〜11/2 バンクシーを盗んだ男
10/27のみ 極北のナヌーク ※「モアナ」公開記念特別上映
10/28〜11/2 モアナ 南海の歓喜

岡山メルパ・ジョリー東宝 M:メルパ, J:ジョリー
9/7〜10/18 MEG ザ・モンスター
10/12〜10/25 バトル・オブ・ザ・セクシーズ
10/19〜11/1 マイナス21℃
10/26〜 あいあい傘
10/26〜11/8 ブッシュウィック 武装都市

posted by dunno at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予定

2018年09月30日

島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2018年9月)

2018年9月の島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演の予定・記録です。9/30 23:59:00 の日付・時刻で投稿しています。通常の記事はこの下にあります。

9/9(日) 19:30〜20:59 BSプレミアム「新・BS日本のうた」(守山市民ホール)
『出世坂』
『能登半島』

9/16(日) 19:30〜21:00 BSプレミアム「新・BS日本のうた」(さいたま市・2017.1.29放送回の再放送)
『東京ドドンパ娘』 w/ 中村美律子
https://youtu.be/dmxbjtTJ8K8
『恋人よ』
https://youtu.be/0B8SUo8n2qU
https://youtu.be/S4jxt0e91fM

9/24(月) 12:00〜13:00 テレビ東京「月〜金お昼のソングショー ひるソン!スペシャル」
I will always love you
https://youtu.be/nJGaSNcA-b8
https://twitter.com/ochanahco/status/1045276814841532417
https://www.instagram.com/p/BoI5gvIltdh/?utm_source=ig_web_button_share_sheet
https://www.instagram.com/p/BoI6QuGFqs_/?utm_source=ig_web_button_share_sheet
タグ:島津亜矢
posted by dunno at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽