2017年05月06日

連休初日:毎年恒例・大阪日帰り旅行(2017.4.29)

今年も大阪一日旅行に行ってきました。目的は唐組の芝居を見ること。芝居のことはまた別の記事で感想を書く予定ですが、その他のことをここに書いておこうと思います。
この日撮った写真は facebook のアルバムにしています。

2017.4.29 大阪一日旅行

唐組の整理券配布は午後2時から。12時半頃の現地到着を目指しました。

岡山駅→新大阪駅→地下鉄谷町線・東梅田駅→谷町六丁目(10:30頃)
目標は去年購入した『凹凸を楽しむ 大阪「高低差」地形散歩』(著者:大阪高低差学会・新之介さん、洋泉社)の表紙にも出ている上町台地の
(1)空堀
(2)真田丸
(3)龍造寺の谷筋
を探検すること。テレビの『ブラタモリ』で新之介さんがガイドになってこのあたりを紹介しておられたのが一番の動機です。時間に制限があるので、悩んで上の3つに絞りました。

さて谷町六丁目駅の一番南の出口を出て少し南に歩くとすぐに「空堀商店街」に来ます。商店街の一本南の路地が低くなっていて面白いのです。でも、商店街はこの地点から西と東の両方に長く延びています。東に行けばそのまま真田丸に行くことができます。西の部分を見ている時間はなさそうなので、涙を呑んで東に向かいました。何本も南に路地が下っています。

適当なところで南に下り、一番低いところまで入ってみました。やや年配の女性の方がなんだか不審そうな目で我々二人を見ておられます。それで近寄っていき挨拶をして本を見せ、「この本を見ながら歩いているんですけれど、凹凸があってとてもいいところですね☆」と声をかけてみました。本の説明をしたり、色んな町を歩くんです……と説明していたら、「親子で一緒に歩くって珍しいですね(すみません、再現できないので標準語に直してあります)」と言われてしまいました。妻が青色の運動帽みたいなのをかぶっていたので僕の息子だと勘違いされたようです。「いいえ、夫婦ですよ〜」と説明して誤解を解きました。ぼくがそんなに年上に見えたんでしょうかね。それにしてもこの方がとってもおしゃべり好きな方で、話が弾み、ご主人のことだとかご自分のことだとかまで色々おしゃべりしてくださいました。ご主人もやはり色んな所を歩くのがお好きなのだそうです。あちこちに行かれたらしいです。さすがに今お連れ合いは86歳になられ、なかなか出にくくなったとおっしゃっていました。ご自身も80を超えておられるのですが、そんな風には見えなくてとても若く見えました。本当にお元気な方でした。おまけに勘がよく、ぼくたちに「二人とも教師でしょ」とおっしゃるんです。ぼくは現役、妻は遙か昔に2年間教師をしていましたのでなかなか鋭いです。びっくりしました。近所のお友達までやってこられて長くなりそうなのでその辺で切り上げて失礼しました。

でそのおしゃべりしていた場所から商店街に上がっていく路地を撮影したのが次の写真です。なかなかいい感じでしょ?

20170429_01.jpg

商店街からその路地の階段に降りるところには次のような看板が立ててありました。『ブラタモリ』の放送以来きっとたくさん人が訪れているんでしょう。その次は路地を上から見下ろした写真です。この突き当たりでおしゃべりしていました。

20170429_02.jpg 20170429_03.jpg

上の路地の一本東寄りの路地です:

20170429_04.jpg

商店街の一番東の端の写真です。「空堀商店街」ではなくて「空堀ど〜り商店街」となっています。

20170429_05.jpg

この時点でもう11時。真田丸へと急ぎました。商店街を抜けてそのまま東方向に道なりに進み坂をおりるとちょっとややこしい交差点に出ます。それを渡って、交差点よりやや南の道に入って最初の門を右折すると正面に明星中学校・高等学校の擁壁が見えます。

20170429_06.jpg

ここで擁壁に沿って左に進むと、心眼寺に上る坂に来ます。学校のキャンパスと心眼寺あたりが昔真田丸があった場所らしいです。

坂の写真。右が学校、左が心眼寺(大きな仏像の手前)。

20170429_07.jpg

心眼寺の入り口にあった石碑:

20170429_08.jpg

坂を上から見た写真:

20170429_09.jpg

上の学校の擁壁の下部から少し手前に戻ったところに「都染工場」があり、2階にきれいに染色された糸がかかっていました。

20170429_10.jpg

地形散歩の本には「真田の抜け穴」というのが載っていたのですが、この時点で11:20を過ぎていました。並ぶ前に食事もしたいので、次の目標地点「龍造寺」の谷筋をめざしました。同じ道をずっと戻ってもしょうがないので、上町筋までもどったら直進せず、右折して北上し、長堀通りを渡ったところで左折して進みました。

龍造寺町周辺は昔谷があったところで、今でも凹凸がかなり残っています。南北に延びている道はらくだのこぶのようにうねうねとした凹凸を持っています。

南側から撮影した写真(宝泉寺西側の少し北)と北から撮った写真(大阪医療センター脇)。写真だとうねうね感がわかりにくいですね、残念。「地形散歩」の写真はとても上手に撮れています。

20170429_11.jpg 20170429_13.jpg

上の2カ所の撮影地点の真ん中に銅座公園があり、その東にも四角く路地が作られていて、そこも一周しました:

20170429_12.jpg

11:50になってしまい、ここで地形散歩は終了。谷町筋を北上しながら食べ物やを物色。うどんで簡単に昼食をすませ、南天満公園に向かいました。

現地到着は12:30頃。すでに二組、合計4人の方が並んでおられました。整理券配布まで1時間半。幸いなことに、すぐ次に並ばれたのが以前もお話をしたことのある方で、向こうから「ひょっとして岡山の方?」と訊かれてしまいました。楽しくおしゃべりして、退屈しないですみました。この時点までは天気もさわやかで気持ちよく並べました。もう一人、我々が「座布団の人」と読んでいる若い女性のファンの方とよく一緒になるので、この日もお会いできるだろうとすごく期待していたのですが、来られませんでした。平日は仕事だとおっしゃっていたので、翌30日に観に来られたことでしょう。毎年、2日目・3日目と2回見に来ておられたのですが……。来年はぜひお会いしたいです。また、亜矢姫ファンのHさんも、毎年必ず唐組の芝居を観に来られますので、ひょっとして……と思っていましたが、やはりHさんにも出会えませんでした。

2時になり、5番・6番の整理券を貰って、地形散歩の続きをしようかどうか迷ったのですが、やはり乙女屋さんとアラビクに顔を出さないわけにはいかないな、と考えて中崎方面を目指して北上することにしました。この頃から雲行きが怪しくなってきました。

せっかくだからまずフジハラビルの前を通りました。

2015.5.3の記事「フジハラビル(大阪南森町)」(行ったのは5月1日)
http://flim-flam.sblo.jp/article/126267553.html

ビルを見ていたら、自転車を押しながら歩いてこられた男性が、「こっちにもかわいいのがありますよ」と言って、窓枠の外の豚などのオブジェを教えてくれました。大阪の人って親切ですね〜。なんか嬉しかったです。

乙女屋までいくと、お隣のお店は開いていたのですが、乙女屋さんはお休みでした。連休の初日なのできっと開いているだろうと勝手に期待していたのですが、残念でした。そこで今度はアラビクへ。こちらはうまく開いていて、しかも席があいていたので中に入り、ケーキセットなどを注文して疲れた足を休めました。何しろ、谷町六丁目で電車を降りてから、うどんやさんで座った以外、散歩の時はもちろん、整理券で並んだときもずっと立ちっぱなし。ほっとしました。そして珈琲のおいしかったこと☆ やはりちゃんとした珈琲はいいですね。たまにはそういうお店にもいかなくては!

アラビクの店主の方には山本じんさんの近況を教えていただきました。最近、広島に工房を入手されて、いまその手入れに忙しいのだそうです。そのため、新作がないけれど、そこができたらぜひアラビクで年内にじんさんの個展を開きたいとおっしゃっていました。

アラビク
http://www.arabiq.net/

(リンクしようとアラビクのページを見たら、アイリッシュコーヒーというのがとてもおいしそう。次回はこれを注文しようかな)

アラビクのブログはこちら
http://arabiq.jugem.jp/

この記事の人形の写真、ちょっとすごいです:
http://arabiq.jugem.jp/?eid=553

さて、英気を養ったあとは、再び南下☆ 夕食をどこで食べようかと色々うろうろしたあと、結局いつも通り、天満橋駅のビルの地下の食堂街で中華料理を食べました。そのあとは、大川の南岸の階段に腰を下ろし、西に沈む太陽や行き交う船をながめてのんびり休みました。

天神橋からみた紅テント
20170429_20.jpg

大川から南岸から撮った写真。中之島公園から放水している。赤テントはそのすぐ北側の場所に立っている。

20170429_21.jpg

現地には18:20頃移動。芝居は花道左側、前から2列目に座ってみました。芝居の話は次の記事で書きます。終了後、新大阪に向かい、新幹線で岡山に戻りました。とても楽しい1日でした。

※あとで知ったのですが、この日、大阪高低差学会主催で全国から「高低差・坂」好きのひとたちが集まって大阪城から真田丸あたりをフィールドワークするイベントが開催されたとのことです。午後からのイベントだったようで、ぶつかりませんでした。詳しくは大阪高低差学会のブログをご覧ください:


真田丸跡を東京スリバチ学会と歩く
http://osakakoteisa.blog.fc2.com/blog-entry-47.html

詳細な地図も載っています。

ついでに2015年・春のフィールドワークの記事にもリンクしておきます:
春のフィールドワーク・真田丸と南惣構堀の高低差
http://osakakoteisa.blog.fc2.com/blog-entry-33.html

今後の参考にしたいと思います。


タグ:唐組 高低差
posted by dunno at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

旭川の土手

今年は桜の開花が遅れました。例年、桜の咲く頃、旭川の土手を通って通勤しています。今年も何回か土手を通りました。遅くなりましたがその時の写真を載せておきます。

まず最初はゴルフ練習場「ワイワイ倶楽部」のあった場所の写真です。
ご存じない方のために在りし日の写真をGoogleMapからどうぞ:

wai2.jpg

吉備土手の近くです。

では4月4日、5日に撮影した現地の写真をどうぞ。

20170404084250.jpg 20170404084310.jpg

20170404084431.jpg 20170405084131.jpg

20170405084203.jpg

なんかもったいない気もします。ちなみにこの場所にはスーパー「らむー」ができるんだそうです。

さて、そのあたりからやや北が旭川と百間川の分岐点です。いま、その分岐点あたりが大々的に工事中です。遠くてなにをしているのかよく見えません。4月5日に撮った写真です:

20170405084251.jpg 20170405084636.jpg

20170405084643.jpg

4月8日にも何枚かとりました:

20170408090131.jpg 20170408090136.jpg

20170408090203.jpg

8日は曇りで撮影にはあまり適していませんでしたが、ようやく三野の桜が咲きそろったので、その写真も撮りました。ピンクの桜が多いのですが、一本、白い花は咲いていて、それがとてもすがすがしく見えたのでアップで撮ってみました。

20170408090235.jpg 20170408090240.jpg

並木です:

20170408090315.jpg



posted by dunno at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山

2017年05月01日

観たい・聴きたい…覚書(2017.5)

「5月の山陽道ツアー2017」よしだよしこLIVE
5/16(火)19:00 「はるのんcafe」 三原市城町2-2-4
 (0848‐38‐7227)
5/17(水)19:00 「デスペラード Bar side」岡山市北区表町3-11
 (086‐225‐5044)
5/18(木)14:00 「カフェ・ランバー」 備前市東片上43
 (0869‐64‐2324)
5/20(土)15:30 「ちょっといん」 岡山市中区国府市場81-5
 (086‐275‐2981)
5/21(日)14:00 「カフェ・ドゥ・ララ」福山市駅家町江良418
 (084‐976‐6999)
yoshiko2017okayama-1.jpg yoshiko2017okayama-2.jpg

art space テトラヘドロン
5/10〜5/15 第4回絵画展
寺尾佳子さんの絵が楽しみです☆

岡山天満屋5階画廊アートスペース
4/26〜5/2 ―玻璃・ひかりのいろ― 中野由紀子 特集
nakanoyukiko2017tenmaya.jpg

ギャラリー陶佳(火曜定休日)
5/10〜5/22 10:00〜 17:00(最終日 16:00) small space はかなきものたち
中野由紀子/glass, mako/artist
nakanoyukiko2017toka.jpg

唐組第59回公演『ビンローの封印』 前売り3,500円 当日3,600円
4/28〜30 南天満公園
5/6, 7, 12〜14, 6/3, 4, 9〜11 新宿・花園神社
5/20, 21, 26〜28 雑司ヶ谷鬼子母神

受付(整理券配布): 午後2時〜、開場:18:30、開演:19:00

劇団花吹雪[ameblo]
5月 神戸・新開地劇場

シネマ・クレール
3/31〜5/5 ジャッキー ファーストレディ 最後の使命
4/7〜5/12 LION/ライオン 25年目のただいま
4/15〜5/12 ラビング 愛という名のふたり
4/15〜5/4 わたしは、ダニエル・ブレイク
4/22〜5/5 ボヤージュ・オブ・タイム
4/29〜5/5 牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件
4/29〜5/12 アシュラ
4/29〜5/12 マン・ダウン 戦士の約束
4/29〜5/4 フィッシュマンの涙
5/5〜6/9 カフェ・ソサエティ
5/6〜5/12 人類遺産
5/6〜5/19 ぼくと魔法の言葉たち
5/6〜5/19 フレンチ・ラン
5/13〜5/19 Smoke デジタルリマスター版
5/13〜5/19 東京ウィンドオーケストラ
5/13〜5/26 汚れたミルク あるセールスマンの告発
5/13〜5/26 サラエヴォの銃声
5/13〜5/26 マイ ビューティフル ガーデン
5/13〜5/19 エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方
5/20〜6/2 ムーンライト
5/20〜5/26 STRONGMAN ストロングマン
5/20〜6/2 君のまなざし
5/20〜5/26 グリーンルーム
5/20〜5/26 彷徨える河
5/20〜6/2 モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由
5/27〜6/2 人生フルーツ
5/27〜6/2 僕と世界の方程式
5/27〜6/9 ターシャ・テューダー  静かな水の物語
5/27〜6/9 午後8時の訪問者

posted by dunno at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予定

2017年04月23日

福岡・天神中央公園付近

福岡の旅のおまけです。宿は中洲に取りました。バスで天神まで帰って、そこからぶらぶら歩いてホテルに帰りました。ちょうど天神中央公園を通ったので、何枚か写真を撮りました。それらも載せておきます。

河岸から船を撮ってみました。

20170316174526.jpg

河岸には桜の木がありました。もちろん、まだつぼみの状態でした。

20170317181503.jpg

花見の場所が作ってありました。自由に使っていいわけじゃなくて、区画の番号で申し込みをするようになっています。

20170317181533.jpg 20170317181557.jpg

公園内には福岡県庁舎の玄関に使われていた柱も残されています。

20170317181655.jpg 20170317181734.jpg

この大きなビルはアクロス福岡といいます。

20170317181820.jpg 20170317182135.jpg

このビルの地階の定食屋さんはおいしかったです。次回も一度くらい行ってみようかと思います。

posted by dunno at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

福岡・百道浜(2)

続きです。前の記事で書き残したことを書いておきます。

西南学院大学のキャンパスの西に倭寇の時の「防塁」の遺跡があるというので行ってみました。

20170317090211.jpg 20170317090258.jpg

20170317090123.jpg 20170317090143.jpg

実際にはもっと深かった、というか高かったようです。写真の解説板では「高さ2.5〜3メートル」と書いてあります。

集会の会場近くの福岡市博物館には二度行きました(展示を見たのは1度だけ)。下の写真が正面の入り口です。
20170318133144.jpg 20170318133235.jpg

20170318133049.jpg 20170318133207.jpg

20170318133304.jpg
入り口の向かいには池がありました。

20170318133041.jpg

館内に福岡のパノラマ図がありました:

20170318132456.jpg 20170318132524.jpg

20170318132532.jpg

福岡に来てびっくりしたのですが、普通の路線バスが高速道路(?)を走ること。高速じゃないのかな。立っている客がいても平気で走っていますので。ともかく自動車の専用道路です。会場から天神に行くのに2回ほど乗りました。タワーの前から天神に行くのには便利です。ただ下に降りてしまうと天神あたりから道が混むといやなので、最後の日は確実な地下鉄を利用しました。

また大きな道(たぶんよかトピア通り)に面白い建物がありました。

20170316163833.jpg

この建物の前から出ているバスも高速(じゃないかもしれませんが)を経由で天神に行きました。

今回は、初めての場所だったので、なかなか面白かったです。集会も、初めて参加したので、内容が新鮮でした。
posted by dunno at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

福岡・百道浜(1)

3月15日から18日まで福岡の百道浜にある施設で勉強してきました。「ももちはま」と読みます。朝から5時半ぐらいまでここで過ごしましたのでほとんど観光は出来ませんでした。宿との往復時や、昼休みに撮った写真を載せておこうと思います。

最寄りの地下鉄駅は「西新」です。「にしじん」と読みます。神戸の地下鉄駅にも「西神中央」というのがありますがそちらは「せいしん」でした。いつもどっちがどっちだか分からなくなります。
福岡の西新駅は以前も使ったことがあります。近くに別の九大の施設があり、K先生の退官記念研究集会が開催されたときに使いました。そのとき貰った近隣の地図に福岡市博物館というのが載っていて、有名な金印があると教えて貰いました。こんどの会場はその博物館の近くなのでした。

西神駅から出口へ向かっていたときに壁に「サザエさん通り」の大きなポスターが貼ってありました。

20170315085054.jpg

ああ、そうでした。長谷川町子さんは福岡の出身だったのでした。サザエさんのマンガが初めて掲載されたのも福岡の新聞だったんです。

「出口1」を出たところの交差点にも大きな看板がありました。

20170315085305.jpg

地図を見ると、目的地はちょうどサザエさん通りの終点近くのようでしたので、ともかく一日目は、このサザエさん通りに沿って歩きました。「東大一直線」の優秀館高校のオリジナルの修猷館高校(上の看板の裏がそれです。実物を見てちょっと感激☆)や、西南学院大の美しいキャンパスの前を北へ歩きます。

サザエさんと長谷川町子さんが並んで立っていました(^^)。

20170315085525.jpg

大きな道(よかトピア通り)を横切る横断歩道の手前にも「サザエさん発案の地」という案内板がありました。ここはもと海岸で、町子さんは海岸を歩きながらキャラクターを考えたのだそうです。

20170318091451.jpg

その手前には、石もいくつか並べてあって、上には蟹もいました。

20170318091358.jpg

道を渡って、左折し、さらに右折するとまた道は北上します。ここにもサザエさんがいます。遠くにはタワーが見えます。

20170317091308.jpg

右手に見えてくるのが福岡市博物館です。

20170317091332.jpg 20170317091434.jpg

こんなオブジェもありました。なんでしょう。

20170317091453.jpg

図書館もありました。

20170317091515.jpg 20170317091546.jpg

サザエさんとカツオ君です。

20170317091528.jpg

これが研究集会の会場です。

20170317091731.jpg 20170317091819.jpg

一日目の昼ご飯はこちらの建物で担々麺を食べました。

20170317132039.jpg

二日目も同じところで食べましたが、3日目は博物館のレストランで、そして最後の日はこんなオブジェの前のテレビ局の建物に喫茶店でランチを食べました。

20170317131821.jpg 20170317131735.jpg

(作品名は「向波容」、作家名は清水九兵衛だそうです)

食事の後は目の前にある福岡タワーを眺めて、百道浜の海岸を散歩しました。

20170315115114.jpg 20170315121043.jpg

20170315123239.jpg 20170315122958.jpg

20170315122232.jpg 20170315122014.jpg

20170315122010.jpg 20170315121724.jpg

長くなったので別記事に続けます。
posted by dunno at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

わたしは、ダニエル・ブレイク

4月16日(日)、シネマクレール丸の内で『わたしは、ダニエル・ブレイク』を観ました。もう一週間前のことになってしまいますね。

公式サイト
http://danielblake.jp/


主人公は大工のダニエル・ブレイク。心臓の発作を起こし、医師から仕事をしてはいけないと言われます。仕事ができないので失業保険(みたいなもの?)の手続きをしようとしても、病気のことは認められず、求職活動をしろといわれてしまいます。そもそもそこに行くまでの手続きがとっても大変。職員の中には親切にしようとするひともあるのですが、意地悪な上司はそれを許しません。そんな中で、ロンドンから引っ越してきた二児のシングルマザー・ケイティが予約の時間に遅刻したということでけんもほろろに事務所から追い出されようとしているのをみて義憤を感じ、彼女を助けようとしますが、一緒に追い出されてしまいます。彼は一生懸命彼女と二人の子どもたちを助けようとしますが……。

なんとも理不尽な話です。昔のイギリスの福祉はもっと充実していたはずなのですが、もうそういう時代ではないのですね。

隣人やケイティの家族との関係など、ほっとさせる部分もあるのですが、カンヌでパルムドールを獲るほどすごい作品という感じではない気がしました。いい作品ではあると思いますが……。

posted by dunno at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月19日

島津亜矢デビュー30周年記念コンサート@岡山市民会館

『島津亜矢デビュー30周年記念コンサート ありがとう〜30年の想いを込めて〜』に行ってきました。

デビューして31年目ということで、気持ちを新たにし、「初志」というキーワードで構成されたコンサートでした。

第一部は『感謝状〜母へのメッセ−ジ〜』でしっとりと始まりました。そのあと、歌手デビューの前に聴いていた歌として3曲『なみだ船』『おさらば故郷さん』『漁歌』を歌われ、そのあとご自分の持ち歌を9曲歌われました:順に『流れて津軽』(次からは観客席で握手しながら……)『愛染かつらをもう一度』『道南夫婦船』『女にゃ年はいらないよ』『人生二勝一敗』『一本釣り』(☆☆☆)(この後はまたステージへ……)『相生』『独楽』『阿吽の花』。ぼくの好きな『一本釣り』でとても盛り上がりました。最後は熊本の応援ということでご自分の歌『おもいで宝箱』『帰らんちゃよか』を歌われ休憩になりました。

第二部は真っ白いドレスで登場され、『命の別名』を歌われました。続いて『蘇州夜曲』『今さらジロー』『春なのに』(これもみゆきさんの曲☆)『I will always love you』を歌われました。着物に着替えられたあと、星野哲郎さんのコーナーがあって『海鳴りの詞』『出世坂』を歌われました。『出世坂』は30年前の曲ですが、その後の亜矢さんの歌への精進を表しているようで、ちょっと泣きました。星野さんの心がこもった歌ですね。次が新曲の『いのちのバトン』。最後は『お梶』でした。偶然ですが、この間の日曜日に後楽座でのたつみ演劇BOXの公演で特別ゲストの三河屋諒さんがラストの前に『お梶』で踊られました。

最近のアルバム
を見てください)


握手するには通路から離れすぎていて残念でした。次回はぜひ通路際の席を取りたいものです。

いくつかYouTubeの映像をリンクしておきます。

島津亜矢 ★漁歌(2002年9月NHK)

※ 亜矢さんは13歳の時、この曲で第8回長崎歌謡祭に出場されたそうです。そのとき、テイチクから声がかかってプロの歌手になられたんです。

島津亜矢/一本釣り


命の別名 島津亜矢


島津亜矢 ★出世坂(16歳)


『春なのに』は見つからないです。残念。すごくよかったんだけどな。
posted by dunno at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽