2019年05月06日

島津亜矢コンサート@岡山市民会館(4/25夜の部)

怒濤の10連休(実は9連休だったんですけど)が終わりました。あまりに充実した日々が続いていて、ブログ記事を書く暇もありませんでした。遙か彼方の記憶を呼び起こしながら、メモ程度の記録になるでしょうが、4月25日夜の亜矢ちゃんのコンサートのことから書いていこうと思います。

コンサートがあることは知っていましたが、チケットの販売が開始されていると知ったのは販売開始後1週間以上経った(?)11月下旬でした。2年前は市内のチケット店で発売の翌日購入。どのお店で買えばいいのか迷って、最初に行ったお店で残っている中から一番いいかなと思われる席のチケットを購入しました。そういう記憶があるので、もう地元のお店ではいいチケットはないだろうと覚悟して、ネットで購入。これが、支払わないと席がわからないシステムなので、実際発券してもらうと、上手側のスピーカーの真ん前。残念でした。次回は出遅れないようにしたいと思います。

この日は木曜日。当然仕事がありました。でもちょっと早めに切り上げて帰宅。大急ぎで夕食をとり、勇んで市民会館に向かいました。少し早めに開場になっていたのでしょうか、少し列に並んだだけで中に入ると、すでに多くのファンが入っておられました。真ん中付近では、コアなファンの方が応援の「凛」うちわを配布しておられました。ネットで拝見したものでしょう。その様子を見るだけで気分が盛り上がりました。最終的には1700席が満席になりました☆☆☆

オープニングの曲は「海ぶし」でした。景気の良い、盛り上がる曲です。亜矢ちゃんは中央につくられた階段の上に立っておられました。やっぱり最初はこういう曲がいいですね☆ その後、どんな曲をどんな順で歌われたのか、すでに記憶が朦朧としているので書きませんが、第一部の後半には星野哲郎さん特集がありました。名曲「海鳴りの詩」「みだれ髪」が聴けたのはすごく嬉しかったです。後ろのスクリーンには星野さんの写真などが映し出されました。第一部の最後は「海で一生終わりたかった」で締めくくられました。これが本当に素晴らしかったです。後ろに映る星野さんの写真を見ながら聞いていると、自然に涙がこみ上げてきました。大満足でした。

休憩時間には販売コーナーを覗いてみました。なにか記念になるものを買おうと思い、帽子にしようかな……とも思いましたが、亜矢ちゃんのマスコットキーホルダーを購入しました。今も、ズボンのベルトを通すひもの部分につけてます。
aya_mascot.jpg

さて、後半は白いドレスで登場。カバー曲を色々唄われました。順番は忘れましたが中島みゆきさんの歌では「時代」「誕生」を歌われました。「リヴァーサイドホテル」もありました。

また着物に戻られるとき、「凛」のCDの写真の薄い黄色の着物がいいな……と思いましたが、黒地の着物でした。ちょっと残念。あの着物大好きなんです。亜矢ちゃんが若く見えるし。
もちろん「凛」も歌われましたし、名曲「感謝状〜母へのメッセージ」も歌ってくださいました。

ラストは『梅川』! これが今回一番良かったです。伴奏なしでアカペラで歌われる部分があって、亜矢姫の美しい歌唱に聞き惚れました。ほんとに気持ちを込めて唄われるので心を揺さぶられ、涙が流れ出ました。本当に本当に満足して聴き終えました。

素晴らしいコンサートでした。
タグ:島津亜矢
posted by dunno at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年05月01日

観たい・聴きたい…覚書(2019.5)

禁酒会館 2F
5/10(金) 18:30〜 岡山禁酒會舘マンスリーライブ LIVE=LIFE Vol.218
恒例「よしだよしこ 5月の山陽道ツアー」
よしだよしこさんをゲストにお迎えして
出演:よしだよしこ 、OZAKI UNIT
2,000円

島津亜矢さんテレビ・ラジオ出演予定
5/5(日) 12:15〜13:00 NHK総合「NHKのど自慢」ゲスト出演
5/5(日) 13:50〜14:50 NHK総合「RUN!HOPE!RUN! N響×大友良英×いだてんコンサート」(再放送)
5/12(日) 19:30〜20:59 NHK BSプレミアム「新・BS日本のうた」(4/18 常陸大宮市)
5/15(水) DVD『SINGERコンサート2018』発売
5/18(土) 18:00〜18:55 BS朝日「ザ・インタビュー トップランナーの肖像」
5/28(火) 19:30〜19:57 NHK総合「サラメシ」
5/28(火) 19:57〜20:42 NHK総合「うたコン」

劇団唐組第63回公演【唐十郎 '85名作選】『ジャガーの眼』
○東京公演=花園神社、鬼子母神
詳細はこちら:
https://ameblo.jp/karagumi/entry-12443501104.html

劇団花吹雪[ameblo #1][twitter]
5月 神戸・新開地劇場

シネマ・クレール
(お出かけの際はシネマクレールのサイトで必ずご確認をお願いします)
4/5〜5/9 バイス
4/19〜5/2 ホイットニー オールウェイズ・ラブ・ユー
4/19〜5/9 ふたりの女王 メアリーとエリザベス
4/19〜5/2 洗骨
4/26〜5/9 バジュランギおじさんと、小さな迷子
4/26〜5/16 マイ・ブックショップ
5/3〜5/16 リヴァプール、最後の恋
5/3〜5/9 イップ・マン外伝 マスターZ
5/3〜5/16 We Margiela マルジェラと私たち
5/3〜5/9 ザ・バニシング −消失−
5/3〜5/16 12か月の未来図
5/10〜5/23 記者たち  衝撃と畏怖の真実
5/10〜5/23 たちあがる女
5/10〜5/16 いつか家族に
5/10〜5/16 22年目の真実
5/10〜5/23 ハイ・ライフ
5/17〜5/30 ある少年の告白
5/17〜5/23 ずぶぬれて犬ころ
5/17〜5/30 ちいさな独裁者
5/24〜6/20 荒野にて
5/24〜6/6 マックイーン モードの反逆児
5/24〜6/6 サンセット
5/24〜5/30 ジュリアン
5/31〜6/13 RBG 最強の85才
5/31〜6/6 ビリーブ 未来への大逆転
5/31〜6/3 山猫 【イタリア語・完全復元版】

TOHOシネマズ岡南
5/31〜 さよならくちびる
5/31〜 長いお別れ

posted by dunno at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予定

2019年04月30日

島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2019年4月)

2019年4月の島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演の予定・記録です。4/30 23:59:00 の日付・時刻で投稿しています。通常の記事はこの下にあります。



4/2(火) 19:57〜20:42 NHK総合「うたコン」
https://www.facebook.com/941422015942715/videos/655815461524133/
『YAH YAH YAH』w/ 井上芳雄
『凛』


4/3(水) 19:00〜 BS朝日「日本の名曲 世界の名曲 人生、歌がある」生放送!3時間スペシャル
『凛』
『みだれ髪』
https://youtu.be/GD7bGoGo0KI
『未来へ』w/ 渡辺真知子
https://youtu.be/p2EU8aFyf_Q

4/20(土) 18:30〜19:00 BS-TBS「Sound Inn "S"」
『愛燦燦』(編曲:服部克久)
https://youtu.be/3b7c2bZsHjY
『Shallow』(編曲:島田昌典)
https://youtu.be/tXZCoYdHSqc
『時代』(編曲:坂本昌之)
https://youtu.be/ew-Wl1MRHGA



タグ:島津亜矢
posted by dunno at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年04月15日

あなたはまだ帰ってこない

4月14日(日)、シネマクレールで『あなたはまだ帰ってこない』を観ました。

公式サイト
http://hark3.com/anatawamada/


公式サイトより
愛とは歓びなのか、苦しみなのか、
あるいは待つことなのか?
すべての女性に突き付けられる、愛の葛藤――

第二次世界大戦時のナチス占領下のパリ。1944年、マルグリット・デュラス30歳。夫のロベールは地下でレジスタンス活動をしていたため、ゲシュタポに突然連れ去られる。それが、彼の帰りを祈り、彷徨い、苦悩する、彼女にとっての愛のための人生の始まりだった…。夫を待ち続ける不安の日々、現れるヴィシー政権の手先の男の誘惑、そして彼女を支える愛人――。戦時下、誰もが、戦場に赴いた人、捕えられた人を待ち続け、愛しつづけることの痛みと不安と闘っていた。愛とは、苦しみなのか、歓びなのか、あるいは待つことなのか? すべての女性に贈られる、愛とは何かを突き付ける、フランスが世界に誇る小説家マルグリット・デュラスの自伝的原作『苦悩』(河出書房新社刊)を見事映画化。映像化不可能と言われた本作をベースに、デュラス自身の愛と、その苦しみが、戦争の記憶とともに語られる、激動の愛のドラマが誕生した


この映画、少しややこしい構造です。冒頭、戦争から何十年もたって、原作の「苦悩」を書き始めているマルグリット・デュラスのモノローグから始まります。どういうことをしゃべるかというと……自分は戦争中に書いた自分の日記を偶然発見した、その内容は確かに実際にあったことだが、そのような日記を書いた記憶が消えている……そしてその日記が映画で描かれていくんですが、日記の書き手のマルグリットとその日記を読んでいるマルグリットのふたりが画面に現れたりするんです。不思議な映画です。

映像も変わっています。画面のどこにもピントがあっていないときがところどころあって、影ようなひとが見えていてもそれが誰だかわからない……という微妙な面白さがあります。

映画の中身は大きく2つに分かれていて、前半はドイツに占領されているパリが描かれていて、後半は連合軍に追われてドイツ軍が去った後のパリが描かれています。前半は色んな動きがありますが、後半はひたすら夫が帰ってくるのを待つ姿が描かれるのでなかなかしんどいです。マルグリットも最初は希望を持っていますが、次第に絶望の気持ちが強くなってきて、周りの人が自分から夫の死亡情報を隠しているんではないかとさえ思い始めます。描きたかったのはこの後半の方なのかもしれません。

どうなるのかは書きません。映画を観てしまうまでは、Wikipediaなどでマルグリットのことを調べたりしない方がいいかもしれません。驚くべき結末です。もやもやしますけど……。

シネジャのサイトに監督さんのインタビュー記事が載っています。
『あなたはまだ帰ってこない』エマニュエル・フィンケル監督インタビュー
http://cineja-film-report.seesaa.net/article/interview_anatawamada‗emmanuelfinkiel.html

ぜひお読みください。
posted by dunno at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

未来を乗り換えた男

最近、旅行だとか、法事だとか、新学期のオリエンテーションや一泊研修で映画を観ていませんでした。昨日(4/14)、やっと『あなたはまだ帰ってこない』を見たんですが、その前最後に観たのは3/24! 3週間ぶりでした。3/24に観たのは『未来を乗り換えた男』(英語題は Transit)。たまたま……というか、わざわざそういう映画を選んだのはやはり自分が関心がある内容だったからなのか……自分でもよくわかりませんが、他にもいろいろ見たい映画はありましたがそういう選択になってしまいました。

実はどちらもフランスがドイツ占領下にある、もしくは占領下の地域がどんどん広がっているという状況の映画という共通点があるんです。

まずは、先月見た『未来を乗り換えた男』の記事を書きます。正直だいぶ記憶があやふやになっていて、どういう終わり方だったかがはっきりしません(爆)。かなりぼけてます。

公式サイト
http://transit-movie.com


公式サイトから引用します:
ナチスによる悪夢的史実と現代の難民問題を驚くべき発想で重ね合わせた野心作!
祖国を追われた人々が希望のありかを見つけようとする姿をサスペンスフルに描いた、
私たちが今観るべき物語。

現代のフランス。祖国ドイツで吹き荒れるファシズムを逃れてきた青年ゲオルクが、ドイツ軍に占領されようとしているパリを脱出し、南部の港町マルセイユにたどり着いた。行き場をなくしたゲオルクは偶然の成り行きで、パリのホテルで自殺した亡命作家ヴァイデルに成りすまし、船でメキシコへ発とうと思い立つ。そんなとき一心不乱に人捜しをしている黒いコート姿の女性とめぐり合ったゲオルクは、美しくもミステリアスな彼女に心を奪われていく。しかしそれは決して許されず、報われるはずのない恋だった。なぜなら、そのマリーという黒いコートの女性が捜索中の夫は、ゲオルクが成りすましているヴァイデルだったのだ……。


原題の Transit は「乗り換え、通過」という意味ですが、上に紹介してある「別人になりすます」ことも表していますが、マルセイユからメキシコへ行く船が途中アメリカに寄港するために、アメリカの通過ビザがなくては乗船できないという設定のことも表しているようです。

ともかくハラハラドキドキの映画です。すでにドイツ軍が侵攻してきているパリの部分もスリリングですし、貨物列車に乗っての南からの逃避行(それも重傷者を抱えて……)もドキドキ。マルセイユはまだ比較的安全なのですが、不法滞在者にとっては安心できるところではありません。脱出したいという人々(難民)がたくさん集まっていて、色んな人たちの姿が描かれます。観ていて棟が痛くなる映画です。メインの登場人物以外にも、ぜん息持ちの子どもや、持ち主はすでに逃げ出してしまったアメリカ人の犬の世話をしている太めの女性なども、すごく印象に残っていて、今でも彼らが実在の人物のような気がして、こみ上げてくるものがあります。

そしてももちろん二人の主人公ゲオルクとマリー、そして三角関係を作る医師のそれぞれを好きにならずにはいられませんでした。すばらしい役者さんたちだと思います。ゲオルクを演じたフランツ・ロゴフスキという人は、もう東京では上映されている『希望の灯り』の主演もしていて、これがどうも話によるとすごくいい映画らしいのです。予告編を見てもそういう雰囲気。これは絶対見たいと思います。シネマクレールにも来る予定。

『希望の灯り』公式サイト
http://kibou-akari.ayapro.ne.jp


書き忘れましたが、この映画には「語り手」がいます。それは主要な3人ではありません。ゲオルクやマリーたちがよく使ったマルセイユのレストランの主人です。まあ、そういう話なんです。妻にも勧めようと思ったのですが、あまりにもしんどい映画なのでやめました。でも心に残る映画です。今年のベスト10にはきっと入るでしょう。
posted by dunno at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2019年04月10日

アルバム「彩-AYA-」(島津亜矢)

以前「鏡花水月」のことを紹介してからずいぶん時間がたってしまいました。今日は2002年にでた「彩-AYA-」の紹介です。まだすごく若い頃の作品。聴いていてとても気持ちいです。

1. 夜桜挽花
(作詞:荒木とよひさ、作曲:杉本眞人)

なんかとても色っぽい歌。でも力強く、激しいところがいいです。この路線、好きです。

2. 小春日和
(作詞:山上路夫、作曲:都志見隆)

去って行った男が戻ってくれるのをひたすら待つ女の唄。こういう歌はちょっと悲しすぎます。早く気持ちを切り替えてほしいですね……。

3. 想いで遊び
(作詞:荒木とよひさ、作曲:三木たかし)

ごめんなさい、ちょっと退屈。あの曲、この曲に似ていすぎる感じ。亜矢ちゃんにはこんな情けない女の歌は似合わないと思います。

4. 白鳥の春
(作詞:山上路夫、作曲:平尾昌晃)

これも失恋した女が一人旅をして、白鳥を眺めて、また来る春を待つという、やや月並みな内容。でも、前の曲よりは強さが感じられます。「ぼくではだめですか?」と言いたくなります(笑)。

5. 女は男の言葉で変わる
(作詞:杉本眞人、作曲:杉本眞人)

これも失恋の歌だけど、すごく調子のいい曲なので、聴いていて、気持ちいいです。好きです。杉本眞人に弱いんです。

6. 都会の雀
(作詞:吉岡治、作曲:杉本眞人)

これは大衆演劇の舞踊ショーでよく踊られる曲です。かなりのヒットだと想像します。台湾でもよく歌われているらしいです。このときの亜矢ちゃん、とてもかっこいい。生で聴きたいです。

7. 彼岸雪
(作詞:寺井泰二郎、作曲:都志見隆)

これも別れを唄った歌。歌詞はユーミンの歌にも似ています。もちろん亜矢ちゃんの歌は素晴らしいです。

8. 裏みちの花
(作詞:吉岡治、作曲:杉本眞人)

『都会の雀』のカプリング曲。これは名曲☆ 冒頭のギターが印象的。

9. 愛・たそがれ
(作詞:荒木とよひさ、作曲:幸耕平)

え?! これが亜矢ちゃんの曲? ってびっくり。ちょっと地味かな。

10. 雪待鳥-絹の章-
(作詞:紺野あずさ、作曲:深野義和)

イメージが上の『白鳥の春』と若干重なります。あちらは春を待っていて、こちらは雪を待っているというところが違いますが。

90年代くらいからの曲を集めているので、一部の曲の内容が古すぎる気がします。そういえば、テレサ・テンさんもそういう類の曲をいっぱい歌わせられていました。亜矢ちゃんには、聴いて元気になる曲がぴったりだと思います。今のシングル『凛』もいいですね。「凛」ということばは亜矢ちゃんにとてもふさわしいです。

『凛』


テレビで歌われているところも見ましたが、着物の色も好きです。黒ももちろん落ち着いて品のある色ですが、この歌のひまわりの明るさと合っていると思いました。曲調も、明るくていいですね。同じメロディで、もっと市井の人々の人情を唄った歌にした方がよかったのかも……とは思いました。CDに入っているカラオケを聴いていてそんな感じを受けました。

そうそう、ふと思ったのですが、『島津亜矢 杉本眞人を唄う』というアルバムっていいんじゃないでしょうか。

タグ:島津亜矢
posted by dunno at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年04月01日

観たい・聴きたい…覚書(2019.4)

禁酒会館 2F
4/5(金) 18:30〜 岡山禁酒會舘マンスリーライブ LIVE=LIFE Vol.217
≪トリビュート ピート・シーガー 2019〜1≫
古川 豪さんをゲストにお迎えして
出演:古川 豪、OZAKI UNIT
2,000円

島津亜矢さんテレビ・ラジオ出演予定
4/2(火) 19:57〜20:42 NHK総合「うたコン」(井上芳雄さんと「はじまりの歌」って……?)
4/3(水) 19:00〜21:54 BS朝日「日本の名曲 世界の名曲 人生、歌がある」生放送!3時間スペシャル
4/20(土) 18:30〜19:00 BS-TBS「Sound Inn "S"」
『愛燦燦』(編曲:服部克久)、『Shallow』(編曲:島田昌典)、『時代』(編曲:坂本昌之)

岡山市民会館
4/25(木) 島津亜矢コンサート
昼の部 14:00開演、夜の部 18:00開演
aya20190425.jpg

劇団唐組第63回公演【唐十郎 '85名作選】『ジャガーの眼』
4/26〜28 ○大阪公演=南天満公園・特設テント
開演 19:00(開場 18:30)
前売り3,500円、当日3,600円
○東京公演=花園神社、鬼子母神
詳細はこちら:
https://ameblo.jp/karagumi/entry-12443501104.html

劇団花吹雪[ameblo #1][twitter]
4月 四国健康村

シネマ・クレール
(お出かけの際はシネマクレールのサイトで必ずご確認をお願いします)
3/22〜4/4 未来を乗り換えた男
3/22〜4/11 ビール・ストリートの恋人たち
3/22〜4/4 葡萄畑に帰ろう
3/22〜4/4 ヘレディタリー/継承
3/29〜4/11 サタデーナイト・チャーチ
3/29〜4/11 盆唄
3/29〜4/11 金子文子と朴烈
4/5〜4/18 天国でまた会おう
4/5〜5/9 バイス
4/12〜4/18 あなたはまだ帰ってこない
4/12〜4/25 シシリアン・ゴースト・ストーリー
4/12〜4/18 赤い雪
4/12〜4/18 サッドヒルを掘り返せ
4/12〜4/18 輪違屋糸里  京女たちの幕末
4/12〜4/18 マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!
4/19〜5/2 ホイットニー オールウェイズ・ラブ・ユー
4/19〜5/9 ふたりの女王 メアリーとエリザベス
4/19〜5/2 洗骨
4/19〜4/25 ともしび
4/26〜5/9 バジュランギおじさんと、小さな迷子
4/26〜5/16 マイ・ブックショップ

posted by dunno at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予定

2019年03月31日

島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2019年3月)

2019年3月の島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演の予定・記録です。3/31 23:59:00 の日付・時刻で投稿しています。通常の記事はこの下にあります。

3/10(日) 19:30〜20:59 BSプレミアム「新・BS日本のうた」(2/14 奈良市)
『近松門左衛門原作「冥土の飛脚」より 梅川』
『風雪ながれ旅』

3/17(日) 21:00〜21:54 日本テレビ系「行列のできる法律相談所」
※亜矢ちゃんの歌唱あり

3/20(水) 20:05〜21:30 NHK ラジオ第一「きらめき歌謡ライブ」

3/23(土) 8:00〜17:00 STVラジオ「日高吾郎ショーフォーエバー」
http://www.stv.jp/radio/event/goroforever/index.html

3/31(日) 15:00〜16:29 NHK BSプレミアム「RUN!HOPE!RUN! N響×大友良英×いだてんコンサート」
『帰ろかな』

3/31(日) 19:30〜21:00 NHK BSプレミアム「新・BS日本のうた 選」
『海鳴りの詩』
『マイ・ウェイ』
『みだれ髪』w/ 中村美律子
https://www.facebook.com/watch/?v=705045449645888
『阿吽の花』
タグ:島津亜矢
posted by dunno at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽