2019年02月15日

セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!

2月10日(日)、シネマクレール丸の内で『セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!』を観ました。

公式サイト
http://sergiosergei.com/


ソ連の宇宙飛行士として宇宙ステーションに一人で滞在中だったセルゲイが突然のソ連崩壊で地球に戻れなくなってしまうという、思わずわらってしまうけれど、笑い事じゃない悲劇です。しかもこれが事実だとは! そんな話、知りませんでした。ソ連崩壊っていつでしたっけ、……ああ、1991年12月ですか。地球に帰還できないため、宇宙での滞在記録が更新され、ニュースにもなり、喜ばれているんですけれど、真実は極秘。セルゲイ自身も、家で待っている家族に心配をかけたくないので、事情が公開されることは望んでいません。

そんなセルゲイと、キューバの無線愛好家セルジオとが無線で出会い、友達になります。セルジオは、なんとかしてセルゲイを救おうとして……。

という話。面白くないわけがないです。緊張するシーンもありますが、ユーモアのある場面も多くて、救われます。キューバの事情がよくわからないのですが、国全体がかなり苦しい状態で、計画停電がなんどもあったりしますし、アメリカともロシアとも関係が悪いという状況で、セルジオ自身も役所に目をつけられて、監視されており、無線も盗聴されます。その監視役の男がなかなか悪い奴のくせに、ドジでおかしいんです。彼の素晴らしいシーンがあります。美しいです。

シネマクレールでは、今日の10:20からの回が最後……ってあと30分!見逃された方はぜひDVDでご覧ください。おススメです。
posted by dunno at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2019年02月14日

高松明日香展 クラウディア Claudia

これも2月9日(土)の夜、facebookに載せた記事のほとんどコピペです。「今日」というのは先週の土曜日のことです。

今日から、高松明日香さんの個展が始まりました。会場は高松の香川県文化会館。13:15からイベントがあるというので、初日に行ってきました。会期中、土日は実施されるとのことでした。

松明日香さんのサイト
http://takamatsuasuka.blogspot.com

takamatsu201902a.jpg takamatsu201902b.jpg

早めに岡山を出たので、高松市美術館で開催中の「やなぎみわ展 神話機械」を観に行くことができました。

そのあと、お腹がすいてきたのですが、なにはともあれ会場の香川県文化会館に行ってみようと歩いていくと、そんなに遠くではなく割と簡単に到着。すぐそばにうどん屋さんがあったので、中に入らず、うどんを食べてから会場に入りました。するとなんと受付の前に、準備中の高松さんがおられました☆ いきなりお会いできるとはラッキーでした。挨拶までしてくださって、天にも昇る心地です。そして、受付では新作がいっぱいのったカラーの冊子を貰いました。入場無料なのにこんな立派なものまで貰ってしまって、申し訳ないような気持ちになりました。

セレモニーまでだいぶ時間があるので、一通り、全部見て回りました。会場は2階と3階。新作は3階でした。ずっと前の山に向かう鹿(?)の群れの作品が今まで観た一番最初の作品だったような気がします。他にも大好きな作品がいっぱい。高松さんの作品は何処の絵ということがはっきりタイトルになっているものはあまりないというか、絵と薇妙に違うタイトルがついていることもあったりするんですが、あれ、と思ったのは『五剣山』というタイトルの絵。高松の、あの五剣山のことです。あとでわかったのですが、どうもこの山が見えるところにお住まいのようなんです。あの山はとても不思議な形なので好きです。危ないので登山禁止になっていたと思います。お寺まではいけます。

セレモニーは13:15から。高松さんの挨拶はかなりシンプルでした。でもそのあといっぱいお話が聞けるのですから、期待がいっそう高まりました。

セレモニーのあと13:30からギャラリートークがありました。まず最初は入り口近くの絵から。
少女マンガと関連させて展示の方法について解説をされました。何枚もの絵を並べることにより、観る人が頭の中でストーリーを感じて欲しいとのことでした。そもそも、マンガがお好きなんでしょうか。絵の中に西洋の少年の絵がよく出てくるので、萩尾望都さんのマンガなんか(世代は違いますが)お好きなんでしょうか、と訊きたかったですが、シャイなので訊けずに帰って来ました。

takamatsu-asuka01.jpg

高松さんにとって、絵はドラえもんのどこでもドアみたいに、こちらからも別の世界をみれるし、別の世界からもこちらを見れる、二つの立場からそれぞれを見れるようなものだともおっしゃって、いました。

takamatsu-asuka02.jpg

上の写真でメインに写っているのは、僕が最初に好きになった高松明日香さんの絵を取り上げて下さって、喜んだ写真です。ご自宅の近くのアパートの写真。高松さんの絵は現実ではない部分もあり、現実に即している部分もあるとのこと。この絵はごじしんの家の近くの場所を描いたとのこと。遠くに見えるのは五剣山でしょうか。高松にすんでいる人にはすぐわかるとおっしゃっていました。何でか自分でもわからないのですが、この絵が大好きなんです。始めてみた高松さんの絵は、天神山でみた山に向かって空中を歩いていく鹿?の絵。印象には残ったんだけど、何かピンと来なかったんですが、次の機会にこの絵を見て、ほんとに日常の風景なのに、一目惚れしてしまいました。というか、あまりにも普通の風景だと言うことがぼくの心を掴んだんだと思います。

2階は過去の絵が展示されていて、3階の半分は昨年描かれたものが半分くらい、という感じ。氷山の絵は確か三鷹での個展の最後の方で展示されていたものですが、何か方向が変わっていく、そのインパクトがありました。今回は、それに似た樹氷?の絵がそれをさらに進展させていて恐竜のような雰囲気でした。でも、高松さんが言われたのですが、世界の片隅にあるささやかなものを愛情を込めて描いておられることが、観る人に何か癒やしを与えてくれるのは変わっていないな、と感じました。ぼくはそれが好きなのだと思います。

そうそう、最近は雲や光を描かれることが多いんだそうです。確かに、そういう素敵な作品が色々ありました。

高松さんは一生懸命、ご自分の気持ちを伝えようとして下さいました。それを全部理解することは出来なかったのですが、その情熱だけは少なくとも受け取ることができました。ポスターに使われている『光の配置』はすごく好きな作品。いちばんこれが観たかったのです。でも、来てみると『舞台はこうこうと照らされている』とか『見送る』のように空と人と海が描かれている作品にとても引き寄せられました。離れてみるのと近くで見るのとではまったく違う絵に見えるような感じ。素晴らしい!

2月24日まで、無休で、しかも観覧無料で開催されています。是非お出かけ下さい。
200以上の作品が待っています。土日はギャラリートークが13:30からあります。
遠方からおでかけになるなら、高松市美術館でやなぎみわ展をやっていますのでぜひそちらもどうぞ。

yanagimiwa-1.jpg yanagimiwa-2.jpg

金土日なら坂出の四谷シモン人形館を覗いてから高松に行かれるのもいいと思います。

※香川県立美術館の館長さんって、むちゃくちゃかっこいい方ですね。宝塚の男役かと思いました。

※今月、天満屋でも個展があります。今回の作品の中から20点程度とのこと(ご本人のサイトより)。それを持ってこられるのでしょうね。そこが楽しみです。

◎高松明日香展『霞を霧と』
会期:2019年2月27日(水)〜3月5日(火)最終日は午後4時閉場
時間:10:00〜19:30
会場:岡山天満屋5階美術ギャラリー
posted by dunno at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

ミスエデュケーション(DVD)

実は観た映画で、まだメモを書いてないのが7本も溜まってしまってます。かなり無精になってきているんです。古いのはかなり忘れてしまっているので、一番最近のから書くことにします。とはいうものの、どれが一番最近なのかさえおぼろ……。あ、でもそう言えばDVDを見てるときに何度もメールが届いて一時停止したんだった……どれ携帯(あと数年で使えなくなるとか……)を見てみようと、チェックしてみたら『ミスエデュケーション』を2月11日(月)に見たばかり(忘れるなよ>自分)。これが一番最近見た映画でした。これ、劇場公開されてないんです。なのでDVDで観るしかありません。なお、原題は"The Miseducation of Cameron Post" です。

公式サイト(米国)
https://campostfilm.com/


1993年のアメリカが舞台。あらすじはDVDケースから貰いましょう。
両親を亡くし、保守的な叔母と暮らすキャメロン・ポストは、同性の恋人を持つ高校生。プロムの夜、彼女は車の後部座席で恋人とセックスに及ぶが、運悪く同級生に目撃されてしまう。それを知った叔母は、キャメロンを矯正治療施設「神の約束」に入所させるのだった。治療に消極的なキャメロンだったが、次第に同じ施設に暮らすはみ出し者のジェーンやアダムと絆を深めていき…。


『17歳のカルテ』を思い出すような設定です。
https://youtu.be/5BHHUBZf7y4

この施設を支配している女性がとっても気持ち悪いんです。クリスチャンですが、なんかカルトっぽい。
「矯正」というのは人の心を破壊してしまうもの。キャメロンのせりふにも、「自分を憎むようにしむけるのは虐待じゃないか!」というようなのがありました。ひどい話です。本来、病気でも何でもない人間が矯正されて、本当に壊されていくんです。それは1993年だったから? いいえ、アメリカでは今でもこういう施設があって、多くの若い人が送り込まれているんだそうです。

とは言え、けっこうしっかりしている入所者が二人もいるので、観ていて無茶苦茶しんどいというほどのことはありません。キャメロンは、叔母さんの家が恋しかったり、恋人の真意を知って、崩れ落ちそうになることもありますが、友だちのおかげで精神の健全さを保つことができます。安心して観てください。

いい映画でした。多分,近いうちにもう一度観るでしょう。
posted by dunno at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2019年02月10日

「博士の家」とWalther von der Vogelweideの絵

[facebook への投稿を元にしています]

2月3日(日)、岡山市内で「博士の家」の開所式が行われました。そのあとオープンハウスが行われるということでのぞきに行きました。開所式が終わる頃に合わせて出かけてみたのですが、式が遅れていてまだ終わっていませんでした。でも式で使われていない場所は、見ていいと言うことで入らせて頂きました。奥の部屋ではバザーもやっていて、気に入ったものがあったので一つだけ購入しました。価格が100円となっていましたので、それではあんまりだと200円預けて来ました。もっとドーンと置いてくれば良かったのかも。ともかく、いろんな方が使って下さるといいですね。

15500194140910_1.jpg

関連記事を引用させて下さい。山陽新聞です。
http://www.sanyonews.jp/article/862773
空き家を「博士の家」へ再生 岡山医科大教授宅跡、3日開所
岡山医科大教授が建て「博士の家」として生まれ変わる古民家

 岡山医科大(現岡山大医学部)の教授が昭和初期に建て、近年は空き家だった岡山市北区広瀬町の古民家が、地域の住民や親子らが集えるコミュニティーハウスに生まれ変わる。教授の孫が社会貢献を目指して提供した。「博士の家」の名前で3日に開所する。

 建物は木造2階延べ約230平方メートル。鹿児島市出身で1925(大正14)年に岡山医科大教授に就いた医学博士の津田誠次氏(1893―1972年)が32(昭和7)年に自宅として建てた。「細部までデザインされ、当時としてはモダン。登録有形文化財になり得る貴重な建物」と赤磐市の建築士横田都志子さん(52)。津田氏の死去後、親族が住んでいたが、数年前に空き家になった。

 提供したのは、津田氏の孫で所有者の大学教授稲田健一さん(60)=名古屋市。小学3年から19歳までを過ごした。「思い出の家を次世代に引き継ぎ、社会に役立てたい」との意向が、知人を介して後に博士の家の運営管理者に決まるNPO法人おかやま入居支援センター(岡山市)の関係者に伝わり、実現に動きだした。稲田さんは私費を投じて耐震補強を施し水回りや内装も新しくした。

 「博士の家」は開所に当たり関係者が名付けた。会員制で、8畳の和室2室と14畳の広間のほか応接室、調理室などを午前9時〜午後9時に貸し出す。

 住居確保が困難な高齢者や障害者らを支援する同センターと子どもの虐待防止活動に取り組むNPO法人CAPおかやまの事務局も入居。住民の会合や催し向けのほか、両団体が支援する親子や高齢者らの相談や憩いの場などとしても部屋が利用される見込み。

 同センター理事長の井上雅雄弁護士は「提供者の思いに応え、市内に増えている空き家の活用モデルになるよう運営していきたい」と話している。


walther-von-der-Vogelweide.jpg

写真は購入した額入りの絵です(印刷?)。
冠をかぶっているし、刀を持っているので、王様かと思ったらドイツの有名な詩人でした。
https://en.wikipedia.org/wiki/Walther_von_der_Vogelweide

本物とは違って、裏の印刷文字が透けて見えないので、複製ですが、見易くていいかも。こういうの、好きなんです。嬉しい。

元々の本の絵の一部はここで見ることができます。
https://commons.wikimedia.org/wiki/Codex_Manesse
https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Codex_Manesse

またこの人が作詞・作曲という曲がYouTubeにありましたのでご紹介します。
●Annwn - Palästinalied

●Walter von der Vogelweide - Palästinalied

●Nu alrest leb ich mir werde, "Palastinalied"

●Walther von der Vogelweide - Under der Linden (English subs) ※これもいい!

●Alterslied - Walther von der Vogelweide

●Eberhard Kummer sings Nibelungenlied and Walther von der Vogelweide


※ 博士の家にはなんと手術関係の学術誌を製本したものが保存してありました。タイトルはAnnals of Surgeryなど色々ありました。surgeryっていうのが手術のことですね。で、ぼくが勉強していたのも手術理論(surgery theory)なんです。もちろん数学のsurgeryですから切ったり貼ったりするのは人間じゃなくて図形なんですけどね。1990年から1年間お世話になったエジンバラのAndrew Ranickiさんは手術の専門家でした。残念ながら昨年の2月21日の早朝、白血病で亡くなりました。彼は、そっち方面の専門家がエジンバラに来ると来ると、Royal College of Surgeons of Edinburgh のビルの前で記念写真を撮るのが常でした。例えばミルナーと撮ったのがこれです。
https://www.maths.ed.ac.uk/~v1ranick/surgery/milnor.jpg
彼が生きていて、この博士の家に来たら喜んだことでしょう。
posted by dunno at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山

2019年02月01日

観たい・聴きたい…覚書(2019.2)

禁酒会館 2F
2/1(金) 18:30〜 岡山禁酒會舘マンスリーライブ LIVE=LIFE Vol.215
恒例「みんなで自由に表現しましょう!」LIVE
《特別出演》趙博さん
500円

香川県文化会館
2/9〜2/24 香川県文化芸術新人賞 高松明日香 展 クラウディア Claudia
takamatsu201902a.jpg takamatsu201902b.jpg
高松明日香さんのサイト: http://takamatsuasuka.blogspot.com
およそ10年間に描かれた作品200点ほどが展示されています。
※ 内20点ほどは岡山でも展示されます:
◎高松明日香展『霞を霧と』
会期:2019年2月27日(水)〜3月5日(火)最終日は午後4時閉場
時間:10:00〜19:30
会場:岡山天満屋5階美術ギャラリー
201903takamatsu-asuka02.jpg 201903takamatsu-asuka01.jpg

高松市美術館
2/2〜3/24 高松市美術館開館30周年記念 「やなぎみわ展 神話機械」
yanagimiwa-1.jpg yanagimiwa-2.jpg

弥生美術館
1/3〜3/31 バロン吉元−元年
baron-yoshimoto.jpg

BUNKAMURA シアターコクーン
2/8〜3/3 唐版 風の又三郎
karaban-1.jpg karaban-2.jpg
※(大阪公演)3/8〜3/13 森ノ宮ピロティホール

島津亜矢さんテレビ・ラジオ出演予定
2/15(金) 20:00〜22:00 TBS系「中居正広の金スマ+スペシャル」
2/19(火) 19:30〜20:15 NHK総合「うたコン」
デーモン閣下初降臨!今世界中で再び大ブームのQueenメドレーを島津亜矢と熱唱!
2/20(水) 21:00〜21:54 日本テレビ「今夜くらべてみました」
※『ある共通点を持ったゲスト3組を、業界騒然の徹底リサーチでおせっかいな程に比較!ゲストをいじり倒していくトークバラエティ』だそうです(^^;

劇団花吹雪[ameblo #1][twitter]
2月 佐賀県・ホテル龍登園

シネマ・クレール
1/19〜2/15 メアリーの総て
1/19〜2/1 夜明け
1/26〜2/8 アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの物語
1/26〜2/8 マダムのおかしな晩餐会
1/26〜2/1 悲しみに、こんにちは
1/26〜2/1 宵闇真珠
2/2〜2/15 マチルダ 禁断の恋
2/2〜2/15 彼が愛したケーキ職人
2/2〜2/15 セルジオ&セルゲイ  宇宙からハロー!
2/2〜2/8 サムライと愚か者
2/9〜3/1 ぼけますから、よろしくお願いします。
2/9〜2/22 喜望峰の風に乗って
2/9〜2/22 嘘はフィクサーのはじまり
2/9〜2/15 ムトゥ 踊るマハラジャ
2/16〜3/1 ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス
2/16〜3/1 パッドマン 5億人の女性を救った男
2/16〜2/22 共犯者たち
2/16〜2/22 スパイネーション/自白
2/23〜 ヴィクトリア女王 最期の秘密
2/23〜3/8 エリック・クラプトン 12小節の人生

イオンシネマ岡山
2/22(金)〜 THE GUILTY/ギルティ

posted by dunno at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予定

2019年01月29日

2018年映画マイ・ベスト10

遅くなりましたが、昨年見た映画からベスト10を選んでみました。岡山は映画が来るのが遅い場合があります。あくまでも2018年に観た映画です。

外国映画
1 立ち去った女
http://flim-flam.sblo.jp/article/182540711.html
2 サーミの血
http://flim-flam.sblo.jp/article/182391932.html
3 デトロイト
http://flim-flam.sblo.jp/article/182392363.html
4 タクシー運転手 約束は海を越えて
http://flim-flam.sblo.jp/article/183515199.html
5 ウインド・リバー
http://flim-flam.sblo.jp/article/184346052.html
6 ビューティフル・デイ
http://flim-flam.sblo.jp/article/184560409.html
7 スリー・ビルボード
http://flim-flam.sblo.jp/article/182360500.html
8 ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男
http://flim-flam.sblo.jp/article/184675111.html
9 29歳問題
http://flim-flam.sblo.jp/article/184585902.html
10 バトル・オブ・ザ・セクシーズ
http://flim-flam.sblo.jp/article/184883251.html

日本映画
1 港町
http://flim-flam.sblo.jp/article/183070561.html
2 響−HIBIKI−
http://flim-flam.sblo.jp/article/184662288.html
3 孤狼の血
http://flim-flam.sblo.jp/article/183515466.html
4 ルームロンダリング
http://flim-flam.sblo.jp/article/184586062.html
5 素敵なダイナマイトスキャンダル
http://flim-flam.sblo.jp/article/182765469.html
6 万引き家族
http://flim-flam.sblo.jp/article/183508256.html
7 オー・ルーシー!
http://flim-flam.sblo.jp/article/184191422.html
8 焼肉ドラゴン
http://flim-flam.sblo.jp/article/183682971.html
9 日日是好日
http://flim-flam.sblo.jp/article/184670984.html
10 友罪
http://flim-flam.sblo.jp/article/183623633.html
posted by dunno at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2019年01月21日

津軽のカマリ

『夜明け』に続けて『津軽のカマリ』を観ました。

公式サイト
http://tsugaru-kamari.com


(初代)高橋竹山が亡くなって20年。この映画は貴重な映像や、色んな人のインタビュー、二代目高橋竹山が初代ゆかりの場所を巡る旅の映像などから、竹山を浮かび上がらせてくれるドキュメンタリー映画です。

一番印象に残ったのは、青森では盲目のものは男なら門付けに、女ならイタコになるしかない……というところ。そして、門付けを差別する人に向かって三味線をひかなければいけないことがとても辛かった……というところ。子どもの時にも、8歳になって小学校に行ったときに、いじめられて、二日でやめたんだそうです。

よくわからなかったのは、今の二代目竹山がどういう経緯で二代目になったのかということ。青森では、彼女(二代目は女性です)を二代目とは認めていない人が多く、二代目はずっと青森ではコンサートを開いてこなかったんだそうです。

なお、「カマリ」とは匂いのこと。「津軽のカマリ」は「津軽の匂い」ということですね。

シネマジャーナル誌の監督インタビューをご一読ください。
『津軽のカマリ』大西功一監督インタビュー 2018年9月28日
http://www.cinemajournal.net/special/2018/kamari1/index.html

この記事によると『風雪ながれ旅』は初代高橋竹山をイメージしてつくられたものとのこと。
普通なら北島さんのでしょうが、ここは島津亜矢さんの歌でお聴きください。


高橋竹山さんの演奏もどうぞ。
posted by dunno at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2019年01月20日

夜明け

1月20日(日)、シネマクレール丸の内で『夜明け』を観ました。

公式サイト
https://yoake-movie.com


シネジャの作品紹介より
http://cinejour2019ikoufilm.seesaa.net/article/463712354.html
哲郎は川べりで倒れている青年を見つけ、連れ帰って介抱する。事情がありそうだったが、追求しない哲郎に青年はシンイチと名乗った。シンイチと聞いて哲郎の手が止まる。同じ名前の息子と妻を交通事故で失っていた。木工所を経営する哲郎は、寡黙なシンイチを息子の部屋に住まわせ、アルバイトに雇い入れる。木工所の家族のような雰囲気に、シンイチも次第に打ち解けていく。


哲郎(小林薫)は完全に壊れています。青年と自分の死んだ息子を同一視してしまい、彼なしには生きられなくなってしまい、彼をはんじがらめにしていきます。逃げだそうとするとなぐりつけ、そして、倒れた青年にすまないと詫び、さらにおまえがいないと生きていけないとまで言う……恐ろしい話です。最初は親切な哲郎と徐々に親しくなっていきますが、最後はもう限界に来ます。

なんだか悲惨な話でした。青年は大丈夫だと思いますが、哲郎とその家族はどうなっていくんでしょう。ため息がでます。あんまり観たくなかったですね、このような映画も。
posted by dunno at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画