2018年08月17日

ザ・ビッグハウス

8月11日(土)、シネマクレール丸の内で想田監督の観察映画第8弾『ザ・ビッグハウス』を観ました。

公式サイト
http://thebighouse-movie.com/


ミシガン大学のアメリカンフットボール・スタジアム「ザ・ビッグハウス」でホームカミング・ゲーム(同窓生が全国から集まってくる!)が行われる様子を、試合では無くそのまわりを想田和弘監督を含めて17人の監督が撮影・編集(最終編集は想田監督)してできた映画です。

ミシガン大学は、僕が博士号をとって最初に勤務した大学。懐かしい場所です。藤原正彦が『若き数学者のアメリカ』の後半でミシガン大学での生活を描いています。町の名前はアナ−バー。こじんまりした大学町です。ミステリー作家ロス・マクドナルドもこの大学の出身で、初期の作品の中にはミシガン大学らしき大学を舞台にした小説もあります。

スポーツ、特にアメリカンフットボールには、関心がなかったので一度もこのスタジアムに行ったことはありません。MのついたTシャツも買った記憶がありません。ただ、ステンドグラスには興味があったので、お土産屋(ひょっとしたら大学のショップだったかも……記憶があいまい)でこんなのを買いました。

go_blue.jpg

気に入っていて、アナ−バーにいた時も、またその後もずっと窓に飾っています。

さて、映画ですが、17人の目で観ているので、本当に様々な角度から撮られています。ただその分、ひとつひとつがやや物足りない気はします。特に好きな『精神』や『港町』では、忘れられない人たちが描かれていました。今回はそんな人はいなかったかな……。登場人物が多すぎて……。

体育会系とは真逆な世界に生きているので、応援風景とか楽隊の演奏シーンはみていて、ヤレヤレという気持ちになりました。また、裏方として選手のユニフォームを定位置に並べる人たち、試合で痛んだヘルメットの傷を塗り直す人たちの姿も、こんな風に地味に支える人もあるんだなとは思うものの、これって楽しいのかな……などと思わずにはいられませんでした。楽しかったのは、ニュー・オーリンズからきたミュージシャン。路上でパフォーマンスしてお金を稼ごうとしているんだけれど、すごいエンターテイナーですね、おしゃべりがうまい。払わずに行こうとして呼び戻されてくる青年もいい奴でした。

さて、学長の一番大事な仕事はお金を集めること、そしてこういうアメフットの試合の一番の目標は同窓生からの寄付を集めること。多額の寄付をすれば、個室の部屋で試合を観ることもできます。そういう人たちがいるから大学が成り立って行っているわけなんです。このあたりは別世界のお話でした。

シネマクレールではけっこうたくさんの人が見に来ています。想田監督の奥様、奥様のお母様の関係者なのかもしれません。面白く観てくださったのか……ちょっと心配。
posted by dunno at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

あがた森魚ライブ@HaMaNaさん家

8月5日(日)の晩、奉還町のHaMaNaさん家というお店であがた森魚さんのライブがあったので行ってきました。初めての場所です。4時開場、5時開演という話だったので、まあ、4時半頃にはつくようにしようと思っていたのですが、40分ぐらいの映像が流されるというのでちょっと早めて奉還町を歩いていたら、あがた森魚さんと、今回のライブの世話人Kさんが向こうからやってこられて、ご挨拶。紹介していただきました。そこから、HaMaNaさん家はすぐ。すでに何名か来ておられました。前から三列目の席を確保しました。

壁には大きな時計(直径1メートル以上)が出来ていて(壁面が時計の面そのもの)、壁に目盛り(一番上だけは12という数字)や針の装置がつけられています。本当に針が動くんです。正確に。

10日以上たってしまい、セットリストはすでに頭から消えてしまっています(というか聴いたそばから忘れていたのかも……)。どこかに無いかと探したら……ありました。偉い方もおられるんもんです。感謝☆

あがた森魚データベース〜山縣駄菓子店
http://virginvs.web.fc2.com/index.html
2018年8月5日「あがた森魚ライヴ〜佐藤敬子先生を探して〜」(岡山県岡山市 Hamana music「hamanaさん家」)
http://virginvs.web.fc2.com/history/2018/0805.html
***演奏曲***
港のロキシー
太陽のコニーアイランド
後ろ姿のトナカイらしき
最后のダンスステップ
函館ハーバーセンチメント(さわりだけ)
虫のわるつ
月光オートバイ
いとしの第六惑星
喧嘩のあとでALPHABET
つんのめってるんだ
冷たく冷やして
花笠道中
島ガール
ブルーライトヨコハマ〜街角ラ・ジュンバ〜清怨夜曲
赤色エレジー

〜アンコール〜
佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど
大寒町

演奏:あがた森魚(vo、g、p)


「虫のわるつ」あたりまでが第一部。第二部の最初はピアノで歌われました。その2曲目の「いとしの第六惑星」は好きな曲のひとつですが、今回の演奏もすごく良かった☆☆☆ これは、無茶苦茶盛り上がる曲。よかったです。

ライブの時間はほぼ3時間。歌いまくられるわけでは無く、かなりおしゃべりもされました。面白かったのは過去の恋愛の話。あと、「最后のダンスステップ」など何曲かは探しても探しても楽譜が見つかりませんでした(苦笑)。それで少し延びたかも。

ライブが終わったら、その後は懇親会。一度客席の椅子を並べ替え、テーブルを運んできて並べて、上座にあがたさん。残りは向かい合う形で座り、座りきれないひとはあがたさんの正面あたりに適当に座るという感じです。おいしそうな料理がどんどん出てきました。最初に自己紹介をしたのですが、なんと岡山出身のあの有名作家・岩井志麻子さんの元夫という方もおられました。志麻子さんと結婚していたくらいですから、さすが、存在感のある方でした。この晩、一番のびっくりでした。

とても楽しい夕べをすごすことができました。

ところで、岩井志麻子さんは、とってもファンというわけではありませんが、面白い人だなとずっと思っていました。本として持っているのは「ぼっけえ、きょうてえ」(処分したかな?)と「東京のオカヤマ人」。ちょ2004年の暮れには、翌年4月から岡山で働くことが決まったのですが、ちょどその時文庫の新刊ででていて、岡山を予習するために購入しましたが、これがとても面白い!!!! さらに、定期購読している最近も話題の「新潮45」にかなり長く連載をしておられたときがあって、その破天荒な私生活に仰天しながら毎月楽しみにしていました。だいぶ前に終わってしまいました。残念。とても好きな人です。

それから、上のサイトの最新記事を見たら、なんと昨夜、NHKドラマ「満願」にあがたさんが出演しておられたのを知りました。第一話を山口で観て、非常にいやな感じだったのでそのあとは観ませんでしたが、失敗でした。
posted by dunno at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月16日

「いただきます。」石井みつこ作品展

ずいぶん日にちがたってしまいましたが、8月5日(日)に pieni deux 石井みつこさんの個展を観てきました。
ishii_mitsuko_201808.jpg

この案内の絵は、明らかに石井さんにそっくりなので娘さんに違いないと思いました。そうかあ、あの石井さんも、子育てをしているうちにこういう柔らかい絵に移られたのか……と思って観に行ったのですが、なんの、なんの、今まで通りの石井ワールドが pieni deux に広がっていました。でも、女の子を描いた作品はやっぱり優しいですね。そういうのもいいと思います。

手描きのハガキ絵も販売しておられたので、今回はキツめではない作品を選びました。
1枚目は、女の子がテーブルについて、お皿の上の食べ物(おかし?)に手を近づけている絵。目はお菓子の方では無く、前方をみつめています。可愛い子です。
2枚目は、男の子(多分)が台所の流し台で母親の手伝いをしている絵。会場の入り口から入ったところに飾ってあった非売品が、女の子が台所で母親の手伝いをしている絵だったので、それに近いモノとして選びました。
3枚目は、段差のある歩道を紙の買い物袋を抱えて歩いているちょっとださい感じの女性。袋からはネギなんかが飛び出しています。若い女性のようですが後ろ姿なのではっきりとはわかりません。ぼくはこれを観て、森茉莉さんが歩いているところを想像してしまいました。電柱のある構図がとても面白い絵です。

タイトル通りに、食事に関連した絵がほとんどです。「食べる。Part2」という感じ。おのおのの絵のタイトルにも凝っておられます。発想がやはり普通じゃありません(^^; 

下のリンク先の絵は結構おとなしめの方ですね。いい感じです。

pieni deuxのブログより
石井みつこ作品展 「いただきます。」始まってます。
https://felicite.exblog.jp/29675664/

すごく面白い絵があったのですが、タイトルが思い出せません。女性がレストランで男性を待ってるんですが、いくら待っても彼氏がこないらしく、固まって、目が点になっているんです。なかなかイタイ絵です。好きです。

この個展は、残念ながら12日に終わってしまいました。次の個展はまた1年ぐらい後でしょうか。楽しみです。
posted by dunno at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2018年08月04日

きみへの距離、1万キロ

8月4日(土)、シネマクレール丸の内で『きみへの距離、1万キロ』を観ました。

公式サイト
http://kimikyori.ayapro.ne.jp


主人公は、デトロイトで北アフリカの石油パイプラインを監視ロボットを遠隔操作して守るのが仕事の青年・ゴードン。映画の冒頭で、恋人に別れを告げられてしまいます。沈み込んでいる彼を職場の上司は、女は他にいくらでもいる、今日中にメッセージを10人に送れ! と発破を掛けます。女性とデートしたりもするゴードンでしたが、恋に落ちた相手はなんと監視ロボットが写し出したアラブの女性アユーシャでした。彼女には恋人がいますが、父親は自分と同じくらいの男と娘を結婚させようとします。若いふたりはヨーロッパに逃亡しようとしますが……という話です。

警備のロボットは、予告で観れるように、まるで蜘蛛のような形。一瞬ぎょっとしますが、見慣れるとかなり平気。砂漠でも移動できます。ただし移動スピードはありませんので、何カ所にも設置してあって、それらをうまく使って監視をします。銃を発射して犯罪者を威嚇することもできます。しかも送ってくる映像がとてもきれい。実際にはムリでしょう。

なかなか切ない片思いの恋です。

この主人公、いいやつなんですが、職業上の倫理観などはあまり強い方じゃ無くて、自分の気持ちを大事にします。う〜む、長く勤められそうもないですね(笑)。それから大事な大事な約束があるときに、普通は余裕を持って早くでかけると思うんですがそのへん、かなりルーズ。このあとも大丈夫かな……と年寄りはしんぱいしてしまいます。それさえ、気にしなければ楽しめる映画でした。途中でちょっぴり出てくる盲目の老人もなかなかいいです。

なお、ロケはモロッコと、モントリオール。フランス映画なのでした。監督さんは
posted by dunno at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

中村みちこライブ@禁酒會舘

禁酒會舘マンスリーライブの今月のゲストは周防大島の中村みちこさんでした。

いつもどおり最初は OZAKI Unit の演奏から始まりました。この日の尾崎さんの歌声はなんだかいつもよりパワーがあったような気がします。体調はよくないとおっしゃってましたが、「思い」がいつもにまして強くこめられていたような気がします。

中村みちこさんは、前回は「凪の座」のメンバーとして出演しておられます。そのときもご家族総出だったような気がしますが、今回は総社に住んで居られるお母様も来ておられました。2階のホールに入った時も、ご長男が「こんにちは〜」と元気に声を掛けてくれました。みんないい子たちですね。もともとはクラシックピアノをやっておられたのですが、不思議な縁で、雑花塾に参加されるようになり、周防大島に移住、光の方たちと「凪の座」をやっておられます。ぼくは岩国生まれで小学校の途中から山口、今はあちこち動いた後、岡山に来てもう13年以上。逆なところが面白い!

最初の1曲目は笠木透さんの「私に人生といえるものがあるなら」でした。いいですね〜。色んな歌を唄われました。笠木さんの曲はもちろん心に残ります。

「美しいと言えるのは人間だけだろう」だとか「あなたが夜明けをつげる子どもたち」のようなフォークらしい曲が大半を占めました。いいですね〜。尾崎さんとの共作の歌もたくさんあるんですね(「No Nukes, No War, Love and Peace」他、働くママの気持ちを歌ったブルースはちょっと異色作かも!)。

笠木さんが常々、今日は笠木さんの曲を歌っても、明日は自分の住んでいるところの自分の歌を唄いなさいと言われたんだということを繰り返し言っておられました。実際、大島の祭りのことをうたった歌を作られて、地元の人にも好評だそうです。

前半では、ドビュッシーの曲「運動」も披露して下さいました。片手で反対の手を囲むようにして弾いたり、かなりトリッキーな曲。ネットに色んな方が動画が載せておられます。興味があれば検索してみて下さい。

曲によっては、お連れ合いの中村文也や尾崎さんも一緒に歌われました。またお子さんたちも楽器で一緒に演奏された曲もありました。とても気持ちのいい子どもたちでした。楽しいライブでした。

ところで、冒頭、周防大島のことをなにも無い島のようにおっしゃいましたが、実はいいものがあるんです。星野哲郎記念館とその隣の図書館に併設の宮本常一資料館です。今、星野哲郎記念館ではなんと「作曲家船村徹さんを偲んで 演歌巡礼〜同行二人」という特別展を開催中。来年の2月26日までです。なにしろ、あの「みだれ髪」のお二人ですからとても気になります。

公式サイトより:
「王将」、「みだれ髪」、「矢切の渡し」などの国民的ヒット曲を手掛け、歌謡曲の作曲家としては初めて文化勲章を受章した船村徹さんの業績を偲ぶ企画展を開催いたします。
 期間中は船村さんとの代表的なコンビ作品を紹介し、創作のエピソードやゆかりのある歌手から船村さんに宛てた手紙と合わせて、魅力のあるその風格に迫ります。
 また星野映像館では船村さんが自身の創作活動について語る貴重な映像も上映しますので、この機会に是非、星野哲郎記念館にご来館ください。


公式サイトではチラシもダウンロードできます。
http://www.hoshino-museum.jp
posted by dunno at 22:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽

2018年08月01日

観たい・聴きたい…覚書(2018.8)

禁酒会館 2F
8/3(金) 18:30〜 岡山禁酒會舘マンスリーライブ LIVE=LIFE vol.208
「雑花塾」そして「凪の座」…中村みちこ さんをゲストにお迎えして
演奏:中村みちこ、中村文也、OZAKI UNIT
2,000円

島津亜矢さんテレビ・ラジオ出演予定
8/13(月) 20:00〜20:54 BS日テレ「歌謡プレミアム」
8/14(火) 19:00〜 BS-TBS「日本名曲アルバム」
8/15(水) 19:00〜 BS朝日「日本の名曲、歌がある」セレクション3時間スペシャル
8/21(火) 18:05?〜 NHK総合「歌う!SHOW学校」
8/30(木) 21:00〜21:54 BS-TBS「昭和歌謡ベストテン〜懐かしの昭和の名曲総集編」

サボア・ヴィーブル(東京・六本木)
7/27〜8/5 岡田多恵個展
tae201808savoirvivre.jpg

pieni..ecole+cafe, pieni deux(出石町1-8-1 1F 他)
8/4〜8/12 「いただきます。」石井みつこ作品展@pieni deux
11:00〜18:00 (火曜休み)
ishii_mitsuko_201808.jpg

劇団花吹雪[ameblo #1][twitter]
8月 おふろcafe湯守座(旧ユラックス)

シネマ・クレール
7/21〜8/3 マルクス・エンゲルス
7/21〜8/3 ゲッベルスと私
7/21〜8/3 ダリダ あまい囁き
7/28〜8/10 天命の城
7/28〜8/3 軍中楽園
7/28〜8/3 ニッポン国VS泉南石綿村
7/28〜8/3 目撃者 闇の中の瞳
7/28〜8/3 アウトサイダーズ
8/4〜8/17 フジコ・ヘミングの時間
8/4〜8/10 花咲くころ
8/4〜8/17 きみへの距離、1万キロ
8/4〜8/10 ラッカは静かに虐殺されている
8/4〜8/10 ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談
8/4〜8/10 スパイナル・タップ
8/4〜8/10 女の一生
8/4〜8/10 キスできる餃子
8/11〜8/24 ザ・ビッグハウス
8/11〜8/17 私はあなたのニグロではない
8/11〜8/15 ラジオ・コバニ
8/11〜8/17 いつだってやめられる 7人の危ない教授たち
8/11〜8/24 いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち
8/11〜8/17 オー・ルーシー!
8/16, 8/17 カーキ色の記憶
8/18〜8/31 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
8/18〜8/24 告白小説、その結末
8/18〜8/24 ガザの美容室
8/18〜8/24 ラスト・ワルツ
8/18〜8/24 シューマンズ バーブック
8/18〜8/31 子どもが教えてくれたこと
8/18〜8/24 男と女、モントーク岬で
8/25〜9/21 グッバイ・ゴダール!
8/25〜8/31 沖縄スパイ戦史
8/25〜9/7 ストリート オブ ファイヤー
8/25〜8/31 クジラの島の忘れもの
8/25〜9/7 ブリグズビー・ベア

イオンシネマ岡山
8/24〜 カメラを止めるな



posted by dunno at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予定

2018年07月31日

島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2018年7月)

2018年7月の島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演の予定・記録です。7/31 23:59:00 の日付・時刻で投稿しています。通常の記事はこの下にあります。

7/4(水) 13:00〜14:00 NHK・FM「歌謡スクランブル カバー作品集(1)」
『見上げてごらん夜の星を』

7/17(火) 19:30〜20:15 NHK総合「うたコン『海に恋して 夏ソング特集!』」
『海の声』
https://www.facebook.com/enkahanamichi/videos/%E6%B5%B7%E3%81%AE%E5%A3%B0-%E5%B3%B6%E6%B4%A5-%E4%BA%9C%E7%9F%A2/1098334490316980/

7/22(日) 19:30〜 BSプレミアム「新・BS日本のうた 選」2017年3月19日に放送した回の再放送
『お吉』
『独楽』
『いっぽんどっこの唄』

7/29(日) 19:30〜 BSプレミアム「新・BS日本のうた」
『海鳴りの詩』
タグ:島津亜矢
posted by dunno at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年07月30日

ロンドン、人生はじめます

『祝福』のあと、『ロンドン、人生はじめます』を観ました。

公式サイト
http://www.synca.jp/london/


主演のダイアン・キートンは好きな女優さんです。ずいぶん年をとりましたが、まだまだチャーミングです。

すみません、月末でもう時間がないので公式サイトからストーリーを引っ張ってきました:
ロンドン郊外の美しいヒースが広がるハムステッドの住宅街。高級マンションで暮らすアメリカ人の未亡人エミリー(ダイアン・キートン)は、悠々自適の一人暮らしとはいかず、夫亡きあと発覚した浮気や借金のこと、減っていく貯金のこと、老朽化したマンションの修繕費用のこと、上辺ばかりのご近所づきあいなどお金や生活の様々な問題に直面していた。

屋根裏部屋からヒースを眺めていたある日、髭もじゃの男が暴漢に襲われるのを目撃するエミリー。翌日、森の中を訪れた彼女は、手作りの小屋で17年間暮らしているというドナルド(ブレンダン・グリーソン)と出会う。

ドナルドの家が不動産の開発業者の標的となり、不法占拠していた彼は立ち退きを迫られているだけでなく嫌がらせを受けていた。そんな事情もあり警戒し拒絶するドナルドにエミリーも始めこそ拒否感を抱く。だが、庭でのディナー、気ままな読書、森でのピクニック…と余計なモノを持たず手作りの暮らしで満足する彼の温かい人柄に触れエミリーは惹かれていく。


そんな話です。この二人のロマンスがとっても楽しいです。しかもハッピーエンド。たまにはこういう映画も観なきゃね。

冒頭、公園の人たちなどがぐんぐん撮されて、視点が空を漂っていって主人公のマンションにまでやってくるその流れにうっとり! 最初から引き込まれました。

ただこの主人公にも欠点はいくつかあるんです。同じマンションの富裕な女性が会計士の男を紹介して仲をとりもとうとするとき、主人公は男の気持ちをしっていながら、はっきり断らず、利用できることは利用しちゃうところとか、マンションを出て行く時、金持ちの女性になんだか捨て台詞みたいな言い方をします。あの金持ちの女性はけっこう主人公のことを好きだったと思うのですが、あんな態度はないんじゃないかな……まあ敵対しあったわけなんですが。う〜む、やはり無意識のうちに女性には優しくあってほしいと期待するんでしょうか、気をつけねば。

以上☆
posted by dunno at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画